ブログほほえみ通信

だるさや疲れの原因は卵巣機能の低下が原因!?

体がだるく、疲れやすいのことは卵巣機能が低下が原因かもしれません。
卵巣機能が低下したり、生理不順になったり、生理がこなくなると体調が悪くなり、冷えを感じたり、疲れやすくなり、うつ症状があらわれやすくなります。
また、体温が36.0以下になるような低体温症になると、さまざまなな病気が隠れている場合もあります。
 
女性に多い甲状腺の病気、肝臓、腎臓、心臓などの病気も考えられます。
うつ病が原因で、だるかったり疲れやすくなったりすることもあります。
性格や怠け癖と考えて頑張っている人もいますが、心の病気かもしれないので、その原因となることをみつけて対処療法を考えてみましょう。

 
また鉄不足も考えられます。
ヘム鉄を2週間くらい飲むと元気になる方もいますので、お試しくださいね。
女性ホルモンが安定すると体の状態が安定してきますので、自分の卵巣機能は生理周期を見ていくことが必要です。

 
基礎体温を日頃から付けておいて、36.0度以下の体温の方は体温を上げるためにストレス解消したり、食事の見直しをしたり、生活習慣を変えることで健康な体を取り戻せます。

こちらのブログでは妊娠に向けた体づくりのことを主にお伝えしていますが、健康で元気な体があってはじめて妊娠ができます。
ですので、現時点では妊娠は考えていない独身の方にも読んでいただき、自分の体のことを知り、大切にしていただけたらと思っています。

 

温灸ヘッドマッサージ
https://hohoemi-moxa.com/menu/head/index.html

一般鍼灸治療も行っています。
https://hohoemi-moxa.com/menu/general/index.html


私たちは30年の臨床経験でさまざまな病気でお悩みの方々を治療してきました。
https://hohoemi-moxa.com/casestudy/


どうしても改善されない体の不調がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

授乳の落とし穴

2人目を望んでおられるけれども、授乳を4〜5年されている方もいらっしゃいます。

授乳に関してはいろいろな考え方があるとは思いますが、
「子供がおっぱいを欲しがるまでは与えなさい」というのは考えものです。


授乳している間は「授乳分泌ホルモン」というプロラクチンがたくさん出ています。
このプロラクチンには排卵を抑制する作用があります。
つまり授乳を行っている期間は、子どもができずらくなる状態にあるわけです。

これを長年続けていけば、妊娠から遠ざかってしまいます。
特に第1子を高齢で出産された方は、第2子を授かるチャンスから大きく遠ざかってしまいます。

 

体外受精・自然妊娠を希望される方は授乳をやめてから3ヵ月後くらいから二人目妊娠を考えて動き出すのが良いと思われます。


2人目を希望なら何年も授乳を続けない方が賢明かもしれません。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


12時前までに寝てないと精子の質も悪くなります

東京で働いている方の多くは、12時までに就寝するが難しいようです。

 

妊娠に至るにはご夫婦ともが元気でなくてはなりません。
体外受精をしても妊娠できない方の中には、旦那様が2〜3時まで仕事をされている方もいらっしゃいます。


顕微授精をしたけれども妊娠に至らなかったご夫婦の中には、
奥様の卵子の調子はいいけれども、旦那様の精子が元気がないということもよくあります。

そしてそれは、遅くまで働いていることが原因ということもよくあるのです。


年齢には関係なく体を休めることが精子にも良い結果をもたらします。
体がくたくたに疲れているのに、精子だけ元気というのはありえません。

できる限りでいいので旦那様も体を休めましょう。


またコエンザイムQ10の還元型のサプリメントも効果があります。
3ヵ月以上続けてくださいね。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体外受精と夫婦生活

体外受精をするから、タイミングはとらなくていいと思っていませんか。


ホルモンは脳からの指令で分泌されます。
ホルモンバランスが崩れている場合、脳の働きが低下している可能性があります。
 
体は使わなくなると必要ないと判断し、その機能が低下していきます。
脳の働きが低下しているということは、体が”脳からのホルモン分泌はもう必要ない”と誤った認識をしてしまっている場合があります。
 
とくに30代後半〜40代の方は、ホルモン分泌が年々減少していきます。
夫婦生活をとることで、脳に刺激を与えてホルモン分泌を活性化しやすくして良い卵子を育てることに繋がります。
ホルモンバランスを整えたい方は、定期的に夫婦生活をとることが大切です。

 

また、脳の疲労もホルモン分泌を低下させます。
加齢による問題以外にも、仕事が忙しい、常に考え事している、悩み事がある、など脳が休息できていない状態は脳に疲労が蓄積し、睡眠の質も低下し、ホルモンバランスに影響を及ぼします。
 
女性ホルモンを活性化させるには、心身のリラックスと脳への刺激が必要です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


富士山!

元旦に自宅から見えた富士山です。

 

ほほえみ鍼灸院は1/5より通常営業を行っています。

2019年がみなさまにとって健やかで良い1年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


冬桜が満開です。

 

 

あけましておめでとうございます。
この冬は例年になく冬桜が満開で私たちを楽しませてくれています。

 

ほほえみ鍼灸院は1月5日から平常通りの診療となります。
2019年がみなさまにとって良い年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.01.02 Wednesday
  • -
  • 15:23
  • -

妊娠しにくい方の体型は血流の改善を

不妊鍼灸治療に来られる方の体を診せてもらいまうと、妊娠しにくい原因となっている「血流の悪さ」があります。
そういう方はお尻、お腹、太ももを触ると、ひんやりと冷たいです。
冷たいところは血流が悪い所です。

 

お腹、骨盤回りが冷えていると、妊娠するためにとてもお腹の中も冷えています、
子宮卵巣も冷えて妊娠しにくくなります。

 

お尻、太ももが太く、ダイエットしても下半身だけが痩せないという方は、むくんでいます。
筋肉の周りに老廃物を含んだ水分が溜まって抜けないため、むくんで太ってみえるのです。

この老廃物のせいで血流が悪くなり、お腹の中の卵巣に栄養が届きにくい状態となってしまっているのです。


またふくらはぎだけが太い方も同じです。

こういった体型の方はお腹の中の血流がとても悪くなっている為に受精卵が着床しにくく、良い卵子も育たたない状態になってしまっています。
そして、体外受精に失敗してから困り果てて鍼灸治療に来られます。

 

なかには10回以上も体外受精を失敗してから来られる方もありましたが、鍼灸治療でしっかりと体質を変えて浮腫みを取ることで良い卵子が育ち、治療後の体外受精は1回で妊娠されています。

このような方は沢山おられます。


1人1人もって生まれた体質は違い、血流を改善しないままではどうしても妊娠できない方もおられます。

長く妊娠できない、体外受精を何度も失敗しているような方も、鍼灸治療でしっかり血流を改善することで妊娠できる体に
変わることができます。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.12.28 Friday
  • -
  • 10:59
  • -

年末年始の休診日について

ほほえみ鍼灸院の年末年始の診療についてお知らせします。
年内は12月30日まで診療しています。
 
休診日
12月31日〜1月4日
1月5日からは平常通りの診療となります。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 
ほほえみ鍼灸院

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ミネラルとうまく付き合って、高血圧予防

来年から高血圧の基準値が変わるという話が上がってます。
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO36175460V01C18A0TCC000?channel=DF130120166089
 
お医者さんから高血圧と診断されると降圧剤が処方され、長期間服用するように言われます。
この新しい基準値になると、高血圧の該当者が増えます。
今より薬を飲む人が増えるということです。
 
今回は高血圧にならないよう、自分で予防する方法の1つ、塩加減についてご紹介します。
 
加齢とともに血圧が高くなりやすく、高齢になるほど血圧を気にして塩分を控えめになりがちですよね。
実は減塩すれば高血圧を防げるかと言うとそうではないようです。
 
体に必要な栄養素の1つに「ミネラル」があります。
ミネラルは、身体の組織や細胞を満たしている体液の浸透圧を調整する働きがあります。
ミネラルの代表的なものが「ナトリウム」「カリウム」「マグネシウム」「カルシウム」です。
つまり、これらのミネラルバランスによって必要なミネラルを「補給」し、有害なミネラルを「排出」します。
 
◆ナトリウム
塩分の主成分はナトリウムで、血圧の維持、神経や筋肉の働きに欠かせない必要な栄養素です。
塩分が不足すると、熱中症の症状を起こしやすいです。
たとえば、血糖値を正常に保てず、緩んだ筋肉を引きしめられず、新陳代謝の衰えや筋肉疲労が起きたり、食欲減退や喉の渇きに気づかず脱水症状になったり、血圧低下による脳梗塞や認知機能の低下、尿中に出した塩分を再吸収しようとし腎臓機能低下を起こしやすいです。
 
加齢によって血管周囲の筋肉が衰えるため、血管のポンプ機能が低下し、補うために心臓が高い圧力で血液を送り出そうとすることで高血圧の原因になります。
塩分は緩んだ筋肉を引き締める効果があります。
 
◆カリウム
体内で増え過ぎたナトリウムは、カリウムが余分なナトリウムを排出して血圧を下げてくれます。
カリウムが不足すると、浮腫みやすくなります。
 
◆カルシウム
カルシウムは、骨や歯などの原料になったり、血液の凝固や筋肉の収縮、神経の興奮を抑える働きがあります。
カルシウムが不足すると、イライラしやすく、骨粗鬆症など起こりやすいです。
 
◆マグネシウム
マグネシウムは、血管のポンプ機能を助ける働きがあります。
マグネシウムが不足すると便秘になりやすいです。
 
ただミネラルは体内で作れないので、食生活の中から補う必要があります。
 
まず、お塩やお味噌など塩分が含まれる食材を購入する際に、裏面の成分表を見てみてください。
たとえば塩分の場合、工業的に作られた精製塩は塩化ナトリウム(塩分)99.9%で他のミネラルがほとんど含まれていないです。
でも岩塩や色のついた天然塩などは、塩化ナトリウム約70〜80%前後だったり、マグネシウムが6〜9%、カリウムが約2%ほど含まれている場合もあります。
既に買ったばかりで新しく買えない場合で、成分表にナトリウム以外のミネラル記載がなければ、食べ物から補うことです。
たとえばインスタントお味噌汁が濃いからといって、お湯でいくら薄めても塩分の摂取量は変わらないのです。
その場合、必要なミネラル食材(お野菜など)をお味噌汁に追加することです。
 
例)
カリウム:ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなど野菜、アボカド、いも類、果物、海草類など
マグネシウム:ほうれん草、アーモンド、干しひじき、玄米、大豆、納豆、カシューナッツ、ごま、桜海老など
カルシウム:牛乳やヨーグルトなど乳製品、豆腐や納豆など大豆製品、小魚、海藻類、緑黄色野菜など
 
精製塩はなめると舌がピリッと塩味のみ感じやすく、
天然塩はマグネシウムが旨味やコク、カルシウムが甘味、カリウムが酸味など複数の味わいがあります。
 
それから、冬の水分補給を忘れがちだったり、足りてなかったりする方が最近いらっしゃいます。
意識的に摂取すると、代謝を良くしますので、そちらもお忘れなく。
 
参考になれば幸いです。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


不妊の原因が男性にあることも多々有ります

ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られてる患者様には、旦那さんの仕事がとても忙しい方がいらっしゃいます。
なかには帰宅して就寝するのが朝の3時や4時、そして休みも1週間に1度もとれないほど多忙を極めておられる方も。


あるご夫婦は体外受精を何度もしたけれども、微授精をして胚盤胞まではいくのですが、移植がうまくいかないのです。

奥様はきちんと鍼灸治療に通ってもらって40代でもいい卵子が採卵できるのですが、旦那様が夜寝てない仕事をされていると、顕微授精で移植しても妊娠には簡単に至りません。


女性ばかりが原因ではないのです。

 

仕事はとても大切なのはわかります。


けれども一方で、思わぬ体の不調で仕事を休んだことが良い方向に変わったご夫婦もいらっしゃいます。

44歳の奥様、45歳のご主人のご夫婦で、体外受精を何度もしていたのですが、クロミッドという薬が強すぎて採卵出来ないこともありました。
フェマーラという別の薬を使う病院に変わり、そこでも採卵し移植したけれどもうまくいかず、年齢のこともあったけれどもどあきらめずにまた採卵することを決めました。

 

ちょうどその頃、旦那様の仕事がそれまでよりも忙しくなり、年末に倒れ救急車で運ばれました。
3か月休みなしで朝方まで働き、年がら年中風邪をひいていたと奥様からききました。
病名はヘルニアでした。


手術をするにしても年末ということもあり、動けないためしばらく自宅で療養する予定だったのですが
「鍼灸治療でヘルニアは治るから来てみたら」とお勧めすると、鍼灸治療に通ってくださいました。

 

鍼灸治療を3か月施すことでヘルニアの方は完治し、それからまた採卵をしました。
そして胚盤胞の受精卵を移植したところ妊娠しました。

ヘルニアになって仕事を3か月休み、体を休めたこと鍼灸治療でヘルニアを治し、元気になったので旦那様の精子も良くなり赤ちゃんも授かりました。


最近、偶然出先で赤ちゃんを連れた奥様にお会いしたのですが、「あきらめなくて本当によかった」とおっしゃっていました。

皆さまの旦那様は夜12時くらいまでに寝られていますか。
風邪をひきやすいとかありませんか。
体外受精を何度もしてもうまくいかない場合は、旦那様の仕事が原因になっていることもあります。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


<< | 2/93PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索