ブログほほえみ通信

うれしいお客様

ほほえみ鍼灸院で不妊鍼灸治療をしていた患者様が、無事出産し、かわいい赤ちゃんを連れて遊びにきてくれました。
とてもかわいい赤ちゃんと元気なママの姿を見ることができて、幸せです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


PMS 月経前症候群

生理前の心と体に起こる不調のことをPMSと呼びます。
排卵から生理が始まる前のだいたい2週間のうちの、特に5日前くらいから症状があらわれる方が多く、生理が始まると治まります。
 
体にでる症状としては、下腹部の張り、痛み、腰痛、乳房の張りや痛み、頭痛、のぼせ、手足のムクミ、肩こり、便秘、下痢、吐き気、頻尿、食欲低下、食欲増進、疲れやすい、吹き出物が出るなど。
 
精神面では、気が落ち込む、訳もなく涙が出る、イライラする、怒りやすくなる、眠くなり集中できなくなる、熟睡できないなどがあります。
 
こういう症状があると、人間関係がぎくしゃくしてしまいます。
黄体ホルモンが増減する時期に症状があらわれることから、ホルモンバランスの異常や脳内の神経伝達物質との関係も影響していると思われます。
 
下半身を冷やさない、冷たいものを摂らない、夏でも湯船に入る、動物性タンパクと根菜類をバランスよく摂るなどすることによって、こういった症状が軽減されます。
生理の時は小さめのカイロを下腹部と仙骨に貼るのもお勧めです。

 

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


長期にわたるピル服用の弊害

長期にわたるピルの服用は生理が止まる可能性があります。


仕事が忙しく生理痛がひどいので、病院でピルを出してもらい3年以上服用し、ピルを辞めると生理がくると思っていたけれど来ないという方がいらっしゃいます。

生理はちょっとしたストレスでも止まることがあります。
薬を使い長期にわたってしまうと、自分の力では生理は起こせなくて、また誘発剤のような薬を使うことになり、妊娠が難しくなります。
 
むやみにピルや薬に頼るのではなく、自分の体を大切に扱いましょう。
鍼灸治療は生理痛の軽減にも効果があります。

鍼灸治療では全身の血行促進を促し、体の不調を改善していきます。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


卵子は数より質!です

採卵の効率ってなんでしょう?

 

このブログでは何度もお伝えしていますが、妊娠に必要なのは「質の良い卵子」です。
卵子の「数」ではないのです。

 

排卵誘発剤HMGの注射を打って何度か採卵したけれど胚盤胞は1個か2個しかできず、
また移植したけれども着床もしないのに「数が多く採卵できるから」と、
これまでの病院に通い続けられるのは、いかがなものかと思います。

 

「体外受精をしていると、いつかは妊娠するのでは」と思っておられるのだと思いますが、
同じことを何度も繰り返すだけで妊娠には至らない方はよく考えてください。

 

あなたの体の中でできる卵子は、毎日の生活習慣を気を付けたり、しっかり体づくりをしないと、いくら採卵しても、妊娠できるだけのいい卵子はできません。
自分の体をよくすることで、あなたの中で育った卵子が良くなるのです。

 

血液が酸素と栄養を体に送っています。
自分が妊娠するためにできることがあります。

ほほえみ鍼灸院のホームページやブログでもこれまでさまざまなことをお伝えさせていただいているので、ぜひお読みください。

 

多く採卵したい気持ちは分かりますが、排卵誘発剤の注射をして多く採卵でき胚盤胞で凍結できたとしても、着床しないと意味がありません。

それよりも体つくりをして、1個でもいい卵子を採卵したほうが意味があります。


何度も同じことは繰り返さないようにしましょう。
卵子は数より質です。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


うれしいお便り

 

かつてほほえみ鍼灸院で不妊治療をされており、5月に無事赤ちゃんを出産された患者様から、赤ちゃんの写真を添えてお礼のお手紙をいただきました。
とってもかわいい女の子です。
この仕事をしていて何よりもうれしいと感じる瞬間です。
子育てで大変お忙しい中、お便りありがとうございました。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


免疫力が低下して病気、不妊のリスクが高まる冷え症

冷え性は、体内で熱をつくれない、また熱を体のすみずみまで配れないことが原因で起ります。

 

熱をつくれないのは、筋肉量が少なかったり、ストレスがあったり、体を冷やすものばかりを食べているからです。

 

ダイエットでエネルギーが不足している、
運動不足でからだを動かさない、
湯船に入らずシャワーだけですませる
暑い時、サンダルに素足などの肌の露出の多い服装を好むことなども要因として考えられます。
 
血液の循環が悪くなると、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、疲れやすい、関節痛、便秘、イライラ、不眠、白髪、抜け毛、薄毛、肌のくすみ、たるみ、ムクミなどの症状が起こり、シミができやすくなったり、風邪をひきやすくなったりします。
 
このような症状があれば冷え性になっていますから、妊娠するためにも生活習慣を改善しましょう。

 

ネギ、生姜、ニンニク、レバー、根菜類などの体を温める食材をバランスよく摂る。
1日に30分ほど歩く。
夜は湯船にしっかり入ることで、リラックスし、早めに休む。
夏の暑い日でも靴下を履き、下半身を冷やさないことです。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

牛久大仏へ

休日に茨城県にある牛久大仏と霞ヶ浦に行きました。天気もよく気持ちいい一日を過ごしました。

 

  • 2017.06.23 Friday
  • -
  • 10:15
  • -

卵巣機能低下症

まだ20代や30代と若いのに、ほてり、のぼせ、イライラや手足の冷えなどはありませんか?

このように若いのに更年期障害のような症状がみられるのが、「卵巣機能低下症」です。
「卵巣機能低下症」は卵巣機能は正常なのに脳からの指令が届かずに働きが低下している場合と、卵巣そのものが低下している場合があります。
 
卵巣機能低下で女性ホルモンが不足した状態が続くと、骨量の減少や膣の乾燥などの症状が表れます。
過度なストレスや過激なダイエット、不規則な生活、体の冷えなどが原因としてあげられます。

 
夜は遅くとも11時から12時くらいまでには休み、動物性タンパク多めの食事をとり、ストレスを上手に解消しましょう。

仕事を抱えながら赤ちゃんを望む方の多くが仕事のストレスを感じています。
ましてや40代で忙しい仕事をされている方は、ますます妊娠が遠のく可能性が高くなります。
赤ちゃんを授かるために、働き方を変えたり仕事を変えたりすることも必要かもしれません。

 

本当に今何をすべきかはご本人が分かっていると思われます。
卵巣を低下させない生活習慣、ストレス解消法を見直しましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


夏こそ「冷え対策」は万全に

冬よりも梅雨や夏の方が体が冷えやすいです。
 
なぜならば、
汗をかく・雨に濡れる→冷房の利いた環境に入る→体が冷える
からです。
 
特に冷気は下に溜まるので、ひんやりと気持ち良いと感じていても足元は冷蔵庫の中に入れているようなものです。
 
・汗をかいたら、すぐ拭く
・濡れた衣類は着替える
 
これは鉄則です。
必要な方はカバンの中に着替えをいれておくと良いでしょう。
 
特に”靴下冷え”が盲点です。
 
汗で蒸れる→靴下が湿る→足に濡れた靴下がくっつく→足が冷えてしまうのです。
 
対策として、
吸汗速乾性の高いシルク(絹)の五本指靴下を履いたり、替えの靴下をカバンに入れておきましょう。
 
冬に大活躍の冷え取り靴下ですが、夏にも重宝します。
1足だけでなく、替え用も考えて3足以上は持っておくと良いでしょう。
 
以前に、突然の雷雨で靴も靴下もぐしょ濡れで来院された方がいました。
 
治療後に濡れた靴や靴下を履くのは嫌ですよね。
 
たとえば、普段履く靴が突然の雷雨に合っても大丈夫なように
 
・防水加工や撥水加工をしておく
・通気性の良い靴を選ぶ
・出勤時に履く靴と会社内で履く靴を変える工夫対策など
・100均にあるシャワーキャップを足元にはめるだけでも緊急対策には重宝します。
 
濡れてしまったら、潔く近くのお店で靴下や靴を買うのもひとつです。
 
レインブーツは雨が止んだら負担になるから、と履かない方も何人かいらっしゃいます。
ですが、濡れてしまったら普段の努力が一瞬でリセットされます。
それはもったいないです。
 
どうか各々の生活環境に合った工夫対策をして、
温活+妊活が継続できるよう、考えてみてはいかがでしょうか。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


これから不妊鍼灸治療を受けようと思っている方へ

この数ヶ月、ほほえみ鍼灸院では多くの患者様が妊娠され、たくさんの方が不妊鍼灸治療を卒業されました。
http://hohoemi-baby.net/case/

 

新規で不妊治療を望まれる方にはこれまで予約が取りづらくご迷惑をおかけしていましたが、平日の昼は比較的予約が取りやすくなっています。
(土日や平日の夜は現在も予約でいっぱいです)

 

お気軽にお電話でお問い合わせください。

 

不妊治療ほほえみ鍼灸院

http://hohoemi-baby.net/
〒176-0002 東京都練馬区桜台4-18-2
03-6318-5648
営業時間 9:00〜19:00
定休日 水曜日・木曜日

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.06.19 Monday
  • -
  • 09:46
  • -

<< | 2/72PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索