ブログほほえみ通信

冷え性を予防するために

冷え性を予防するには、体内で熱を作り、熱を運び、熱を放出するという全身の良い循環をしっかりつくっておくことがポイントです。
 
冷え性の方の多くは、運動不足だったり、少食だったり、消化器の機能低下が傾向として強いです。
これは体内で熱をつくる力が弱いことを示しており、熱をつくるための「筋肉をつくる」ことがとても重要になります。
 
私たちの体は食べ物で作られているため、まず食生活で気をつけることも大事です。
・たんぱく質をしっかり摂る
・生野菜や刺身など体を冷やす生ものを減らして、温野菜や温性質の食材を増やす
・冷たい飲料水や水分の摂り過ぎに気をつける(水分は体を冷やします)
・朝食をしっかり摂る など
 
食事からエネルギーが作られ、基礎代謝力がアップします。
すると血液循環がアップします。
 
運動不足であれば、
・ウォーキング30分
・踏み台昇降を30分
・スロースクワット10回
・お尻、太もも、ふくらはぎのストレッチ など
 
どれか1つでもいいので、2日に1回の頻度で取り組めると血行促進につながり動脈硬化を予防することができます。
 
血行不良の要因には悪い姿勢もあげられます。
運動することで硬くなった筋肉が柔らくなり、自然と正しい姿勢に戻りやすくなります。
 
冷えている部位は動かしていないことが多いです。
触って冷たいところは、温めるだけでなくストレッチや運動など動かすことが血流を良くします。
 
それから、
強いストレスによって自律神経が乱れ、消化機能の低下や冷え性を起こしやすくします。
本来、自律神経が正常であれば、
体温が上昇するには、ふるえによって体が熱を作ったり、体内の熱を逃がさないように血管の収縮を行って血流を減少させます。
体温を下げるには、汗腺を活発化させて汗を流して熱を外に出したり、血管を弛緩させて血流を促したりします。
 
ストレスが強いと、自律神経が乱れて、機能がきちんと働かなくなります。
冷えていても冷えを感じなかったり、暑くないのに汗が止まらなったりします。
 
ですから、自律神経と整える上で重要な「良質な睡眠」を見直すことも大切です。
睡眠を十分にとったり、睡眠時間を早くしたり、締めつけない格好で寝たり、起床時間を一定にしたりするなど
 
質の良い睡眠をとるために、下半身を温かくすることや40℃くらいの湯船に10〜15分程度浸かることもまた自律神経を整えることに関係します。
 
筋肉をつくるための食事・運動・ストレス減を出来るところから行うと、冷え性改善の道につながります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


流産の兆候と予防策

流産の多くは8週から12週くらいに起きています。
この時期に当たる人は絶対に無理をしないでほしいのです。
つわり、疲労感は、「休みましょう」というサインです。
 
仕事をされている方が多いのと、妊娠年齢が上がったことで流産の危険性は昔に比べて多いように思われます。

出血があったり腹部の痛みを感じたなら、病院に行って診てもらいましょう。
少量の出血ならば仕事を休んで、安静にしましょう。
 
「切迫流産」にならないためには以下のようなことに気をつけましょう。
1.重たいものは持たないようにしましょう
2.からだは冷やさないように気をつけましょう
3.肉体的なストレスや精神的なストレスはためないようにしましょう
4.激しい運動はやめましょう
5.激しい下痢をしないようにしましょう
6.「疲れたな」と感じたら横になって休み、無理をしないようにしましょう

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


子宮内膜炎

子宮内膜炎について質問を受けたので、まとめました。
 
子宮内膜炎とは、細菌感染によって子宮内膜に炎症が起きている状態をいいます。
 
下腹部の張りや痛み、不正出血、膿性おりもの、下痢、微熱など症状を訴える方もいますが、ほとんどの場合、自覚症状がなく気づかないことが多いです。
そのため、不妊治療の検査を受けに行って知ることが多いです。
 
子宮内膜炎には、急性慢性老人性の3タイプがあります。
急性の場合は、月経時に内膜が剥がれ出ると同時に細菌も体外に排出されて自然に治癒する場合もあります。
慢性の場合は、子宮内膜の基底層まで細菌が入るため、子宮内膜が作られるごとに感染するため、自然に治癒することは難しいので治療が必要になります。
きちんと療した後は妊娠の可能性が高くなります。
老人性の場合は、加齢によるホルモン分泌の減少によって子宮頚管の粘液が減少し細菌が侵入しやすくなるため起こります。
 
子宮内膜炎検査(BCE)を受けて陽性の場合、抗菌薬をおよそ2週間服用し、再検査して確認します。
きちんと除菌できていないと再発の可能性があるため、再検査による確認は大切です。
内膜が厚くなる高温期の場合、基底層まで内膜を確認できにくくなるため、検査時期は生理後〜排卵前の間がベストです。
 
ですが、先ほどあげたように治療することによって、妊娠率が上がることも東京大学の調査などによって分かってきています。

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13675879.html
治療後に妊娠された場合、本来妊娠できる受精卵があったけれど、子宮内環境がよくなかったことが明らかになります。
 
細菌感染源は以下があげられます。
 
・子宮内検査後(子宮内膜生検、子宮卵管造影、卵管通水術などの子宮内操作時に細菌が侵入する場合もある)
・性行為による感染症(淋菌やクラミジア菌など)
・流産や中絶など処置や出産後(子宮頚管が開いているため)
・閉経後(子宮頚管の粘液の減少)
 
原因不明の不妊の一部には、慢性子宮内膜炎によって習慣性流産や着床不全など影響が出ている可能性もあります。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.11.07 Wednesday
  • -
  • 11:37
  • -

体外受精の病院選び。時間をかけずに妊娠するためには。

全国に体外受精の病院はたくさんあって、どこの病院を選んだらいいのか分からないという方も多いでしょう。
「仕事場から近いから」とか「家から近いから」という理由だけで不妊治療の病院を選ばないでください。

 

女性の多くが仕事を持って働いているので、職場や家から近い病院を選びたくなる気持ちもわかります。
けれども、病院によって採卵の仕方や使用する薬は異なります。


また人によっては、薬が合わなくて飲めないことがあったり、薬が効きすぎて採卵ができないこともあるのです。

 

ほほえみ鍼灸院にはさまざまなか方が不妊治療にお越しになられています。
6年間以上何度も注射による採卵を繰り返したことで卵巣が弱ってしまい、
別の病院に変わっても、採卵さえ出来なくなった方もいます。
注射での採卵法が卵巣に負担がかかり、別の病院でガンの危険性を指摘された方もいました。
 
きちんと生理が来ない方は、薬による排卵も有効であると思いますが、
1年以上このやり方を繰り返していると、今度ステップアップしたときには、卵子の質が落ちてしまいます。
こうなると体外受精をしても採卵しても、良い卵子がとれなくなってしまいます。
移植できたとしても良い卵子がなければ、妊娠には至りません。
 
初めて体外受精の病院を選ぶなら、低刺激からはじめましょう。
特に卵巣に病気を持っていた方は、低刺激の病院をおすすめします。
できるだけ卵巣に負担のかからない病院を選んでください。

 

そして何より大切なことは、
良い卵子を作ることができる体をしっかり作ることです。

生活習慣の見直し、妊娠するために必要な栄養をとる、
冷え対策などをしてからでないと体外受精だけでは妊娠できません。

 

良い卵子をご自分のからだの中で育てることが出来るからだを作ること。
それが妊娠するために1番必要なことなのです。
 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


生理痛があるときは血流を改善しましょう

日ごと気温が下がり、太陽が出ていない時間や朝晩は寒くなってきました。
人それぞれ体感温度が異なりますが、気づかぬうちに体を冷やしやすい季節です。
 
このような時期は、日頃から体質改善に向けて努力されている方の中でも生理痛があったという方がいます。
 
生理痛には、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮線筋症、クラミジア感染など病気が原因で起こるものもありますが、病気以外で生理痛が起こる原因として、ストレスや冷えも多いです。
 
生理は、子宮の収縮によって子宮内膜を排出させる働きがあります。その際、プロスタグランジンという物質の分泌によって子宮の収縮を促します。
 
骨盤内の血流が悪く、子宮の伸縮が弱かったり、血管を収縮させる作用もあるため、プロスタグランジンの分泌量が多くなると、キリキリした痛みや鈍痛、腰痛や胃痛、下痢、吐き気などを起こりやすいです。
 
子宮という呼び名は、子が宿る神のお宮だから子の宮といい、
赤ちゃん外界に産まれる際に通る道を産道と呼びます。
赤ちゃんが宿り、健やかに過ごせるようにする場所なので、全身の血液中の老廃物や毒素を月経という形で月に一度、子宮を通して体外に排出させます。
つまり全身の血液と子宮をキレイにする月に一度の大掃除というわけです。
 
なので、生理痛がある場合は血流をもっと良くする後押しが必要になります。
温かい飲食物を心がけたり、下半身が温かい服装を心がけたり、入浴や足湯、ホッカイロや湯たんぽなどを活用して、血行が良くなる取り組みをするのが大事です。
 
冒頭にあげた通り、季節の変わり目なのでそろそろ衣替えをされていると思いますが、
合わせて部屋の冬支度もすると尚良いです。
たとえば、絨毯、電気カーペット、ヒーター、ソファーや座布団やお布団のシーツ類を冬用にするなどを用意して、室内も暖かく整えましょう。
 
また寒い時期にフローリング上に布団1枚で寝るのも無意識に体を冷やしてしまいますので、
敷布団2枚にしたり、絨毯を下に敷いたり、電気毛布で敷き布団を温めておいて寝る時に電源を消したりすると温かい環境で質の良い睡眠を取ることができます。
 
冷気は下に溜まるので、部屋の下が温かい空気が漂うようヒーターを活用したり、窓側は冷気が強いので遮断する工夫や居場所を移したりすると良いです。
ベッドのスプリングやスノコなども冷気が入りやすいので対策すると◎。
 
砂糖系のお菓子や果物、生野菜、ナス果の野菜なども体を冷やしやすいので、これからの季節は少しずつ減らすと良いです。
 
環境や体が温かいと心身ともに緩むので血流も良くなります。
冷え対策しているつもりでも冷やしていることは多いので、やっているかどうかでなく、温かいと感じているか肌温度が温かいかで判断すると正確です。
 
参考にしていただけたら嬉しいです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


免疫力と低体温

免疫には、細菌やウイルスといった外敵だけではなく、体内でつくられた有害物質を排除してからだを守ってくれる働きもあります。
ストレスなどの精神的な抑圧がかかって免疫力がおちてしまうと、体を守ることが出来にくくなります。

 

リンパ球は体の中の有害物質を排除してくれます。
一般的に体温が高めの方はリンパ球の数が多いといわれます。
リンパ球が多いと細菌やウイルスが体の中に入るのをブロックしてくれるので、病気にかかりにくくなります。
 
体の免疫システムは大きく分けると、白血球の顆粒球とリンパ球からなりたっています。
これらの免疫細胞は、適正体温の状態にあって最も効率よく働いてくれるのです。

 
私たちが目標とする体温は36.7℃前後です。
平常体温が36.0℃以下を「低体温」と言いいます。
血行の悪さが低体温を起こします。
体温が1度下がると基礎代謝は12%も下がります。

 

体の血流を良くし、高めの体温を保つことが健康にとってとても大切なことが分かっていただけると思います。
まずは、自分の平常体温を知っておきましょう。
平常体温は、朝眼が覚めたときに寝たままの状態で体温を測ってください。
朝目が覚めたときの寝たままの状態で体温を測ってくださいね。


風邪をひくと高熱が出て体がだるくなります。
体中が痛み、とてもつらい状態になるけれども、体が自ら体温を上げてリンパ球を増やし、病原体と闘っているのです。


鍼・温灸治療には体温を上げ、血行を良くし、免疫力を上げる効果があります。
ほほえみ鍼灸院の治療は全身に温灸で熱を通していくため、その効果がすぐに実感していただけます。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.10.30 Tuesday
  • -
  • 13:11
  • -

秋の風邪対策、冷え対策。

急に寒くなり、風邪をひく方が増えています。
電車内で、そこかしこで咳をしている人が多く、またその際マスクをしていない方も多いです。
 
私はバッグに、必ず2枚以上マスクやカイロ、ショールや長袖シャツ、のど飴など常備して適宜対応しています。
昼夜の気温差が大きいので、体温調整が出来る服装の工夫が大事です。
 
逆に厚着し過ぎて、汗をかいて冷やしている方もたまにいらっしゃいます。
かならず肌温度を触って確認し、調整してくださいね。
汗で湿った肌は冷たくなりやすいので、吸水速乾しやすい素材など試してみてください。
 
「今から厚着をしていたら、冬はどう過ごせばいいのか心配」という声もたまに耳にします。
安心してください。
冬には冬に適した温活グッズや衣類がお店に並びます。
大事なのは、「今」です。
 
まずは、今の自分の肌温度が温かい状態であること、そのための適した重ね着を随時検証してみてください。
 
また、家の中が寒いという方もいらっしゃいます。
寒い冬が来る前に、家の中の温かい環境づくりも行うと更に良いです◎

妊活にとって冷えは大敵です。
分からない時は、お気軽にご相談ください。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


「冷え」からも腰痛は起こります

「冷え」は腰痛の原因になります。

 

ズボン下を履かない男性が多いようです。

外で仕事をされている方は冬に腰痛でお悩みの方が多いようです。
エアコンの中で仕事をされているなら、冬用のスラックスで大丈夫かとは思いますが、
吹きっさらしの寒いところでの仕事で冷え対策を行っていないと、からだが冷えてしまい、血行が悪くなり体温が下がり、免疫力も落ちてしまいます。

 
免疫力が下がると風邪をひきやすくなり、風邪をこじらせてしまいなかなか治らなくなってしまいます。

また風邪薬を頻繁に飲んでいると、副作用が出る方もいます。
鎮痛剤は飲み続けていたら体温が下がってしまい、それによって免疫力が落ちてしまい、他の病気にもなりかねません。


体温を上げるため、腰痛を起こさないためにも、下半身はしっかりと温めましょうね。
軽い腰痛なら温かいズボン下を履くだけで、治ることもありますからね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


顎関節症と鍼灸治療

あくびをすると口の中で顎が「カクン」と音がしたり、物をかむと耳の付け根やこめかみが痛くなる症状がでます。

顎関節症です。
 
顎関節症は特に最近は若い女性にも多くみられます。
軽い症状であるならば、そのまま何もしなくても自然に治ることもありますが、長く放置しておくことでめまい、耳鳴り、肩こりの原因となったり、口が開けにくくなり食べにくくなります。

 
顎関節症になりやすい方にはこのような癖があることが多いです。
1.歯を食いしばってしまう癖がある。
2.歯ぎしりをする。
3.つ伏せで寝ている。
4.歯のかみ合わせがよくない。
5.べ物を左右どちらかでかんでいる。
6.よくガムをかむ。
 
顎関節症は鍼灸治療で治ります。
ほほえみ鍼灸院では温灸と指圧で治療をします。

 

40代の女性のが、あごが「カクカク」と」音がして物が噛みにくいといらっしゃいました。

顔を上にしてベッドに寝ていただいてあごを診てみると、片方だけ骨が外に出ていました。
出ている方を触ると痛みがありました。
あごの骨がずれていて、痛みや音がしていたのです。

 

温灸治療を施し、出ていた骨とつながった筋肉を緩めました。
すると、骨の出っ張りがなくなり、痛みや「カクカク」する音がなくなりました。
顎関節症の治療は温灸と指圧のみの治療でハリやパルスはいたしません。

 

治療後は左右両方の歯で均等に物を噛むように、
そして歯ぎしりもあったので、歯科に行ってマウスピースを作ってもらうようお伝えしました。

顎関節症でお悩みの方もぜひご相談ください。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ストレスからくる病気と妊娠の関係

心身にストレス状態が続くと、体温が下がり副腎からアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されます。
アドレナリンが分泌されると、血圧が上がり脈拍が早くなります。
また、コルチゾールがたくさん分泌されると、血糖や血圧が高くなり、白血球の中のリンパ球を溶かしてしまいます。
 
ストレスが続くと、血圧が上昇するために、血管が収縮して血行が悪くなり体温が低下します。
白血球に中のリンパ球の働きが弱くなって免疫力も下がり、風邪をひきやすくなったり風邪をひいてもなかなか治らなくなります。


そしてストレスは妊娠とも大きく関係しています。
血行が悪くなると卵子や子宮にも、栄養と酸素が届きにくくなり、良い卵子が排出されなくなり、妊娠しづらくなります。

 

スポーツ選手がアドレナリンいっぱいの状態で良い成績を残すように、一時的な軽いストレスは脳の活性化には有効ですが、ストレス状態が長く続くと心身に大きなダメージを与えかねません。

 

仕事や人間関係だけのストレスだけではありません。
不安感、睡眠不足、暑さ、寒さ、精神的なストレス、喫煙、薬などの科学的ストレスも、体に影響を与えます。

 

妊活の敵、ストレス。
じょうずにストレスを解消しましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


<< | 2/91PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索