ブログほほえみ通信

「隠れ造精機能障害」、精子の異常は早めに対策を

「精子の頭部が空砲」
「精子の尾がちぎれている」
といった精子の異常。

 

最近では、技術の進歩によって、これまで「良好」「問題なし」とされていた精子でも
細かく検査することで見えなかった異常を見ることができます。


これら「隠れ造精機能障害」と言います。

精子の数、運動率、奇形率など精液検査を受けられる病院は多いですが、
心配な場合は、男性不妊外来や泌尿器科を受けると具体的に見えてくるかもしれません。
(参照:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190911-OYTET50005/


1回の射精で数億個の精子が放出されますが、子宮に到達する確率はわずか約0.1%です。
さらに卵管には精子の貯蔵所と呼ばれる場所がありますが、そこに到達できるのは数十個だけです。
健康な人で1億個中4個しか正常な精子がいないそうです。


さらにそこに老化も加わるので、人によっては、精液検査でも「問題ない」と言われても安心するのは早いかもしれません。

 

日頃から男性が出来る妊活の取り組みとしては、
・ストレス
・アルコール
・喫煙
・肥満、糖尿病
・過労
・睡眠不足、就寝時間が遅い
・運動不足

 

これらを見直して軽減していくことで、早い妊娠につながる可能性が高くなります。

 

妊活も奥さん任せにするのでなく、一緒に取り組むことがとても大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索