ブログほほえみ通信

妊娠したら鉄分をしっかり摂って、血流をよく!

妊娠したら鉄分摂取量を増やして血流を良くしましょう。
 
妊娠すると胎児の分の血液量も必要になるため、体は血液量を増やそうとします。
鉄分が血液を作ります。
鉄分が足りていないと血液量を増やすことが難しくなり、妊娠中は貧血になりやすいです。

血液が酸素と栄養素を胎児に届けるため、貧血状態だと胎児の成長に影響するし、血液がドロドロと流れが悪いと胎児に悪影響を与えます。

 

とくに妊娠後期に入ると貧血になりやすいので気をつけましょう。
出産時にも大量に出血しますし、出産後も母乳は血液から作られます。
マタニティーブルーや産後うつ、育児ノイローゼなども、鉄分不足が関係します。
 
鉄分は神経伝達物質であるセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンを作る大事な働きがあります。
これらは、幸せ・やる気・元気を生むホルモンです。
また、体内で発生する活性酸素を除去する役割もあります。
これは、ストレスを軽減してリラックスさせ、血流阻害を防ぎます。
 
血液量や血流が十分に良いと、出産時もお産が軽く、産後の肥立ちも良く、母乳の出も良くなります。
赤ちゃんの夜泣きがない、たっぷり寝てくれる、感染症など病気にかかりにくい、母乳を良く飲む、表情が豊か、アレルギー症状が少ない、肌がきれい、髪がふさふさしている、など嬉しい効果がたくさんあります。
 
妊娠中の鉄必要量は20mg/日です。

 

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索