ブログほほえみ通信

睡眠と免疫力と妊娠の関係

良い睡眠は体の免疫力を高めてくれます。


なぜ睡眠によって免疫力が高まるのかというと、からだの機能は意思とは関係なく働いている自律神経が影響しているからです。
自律神経は「緊張の神経」「昼の神経」の交感神経と、「リラックスの神経」「夜の神経」副交感神経とからなり、このふたつがバランスをとりながら働いています。
 
心身に過剰なストレスがかかると、交感神経が優位になって、緊張状態が続き免疫力が低下します。
睡眠中は交感神経が鎮まり、副交感神経が優位に働いてリラックス状態になります。


けれども、ストレスが長く続くことで、夜眠れない、就寝時間まで時間がかかり睡眠時間が短くなる方もいます。

つまり、緊張にさらされている時間が長く、リラックスしている休息の時間が短いということです。


妊娠するためには、夜、卵子を育てるホルモン分泌のゴールデンタイムと呼ばれる10時から11時くらいまでには眠れるように生活習慣を見直す必要があります。

 

免疫力が低くなると風邪をはじめとしていろんな病気にかかりやすくなります。
寝ることの大切さを理解しましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索