ブログほほえみ通信

夏冷えにご用心

わたしたちのからだは、夏になると基礎代謝を低下させ、汗を出すことで体温を下げます。
そうすることで暑さに適応できるようになっています。

 

昔は夏になるとかき氷やそうめん、スイカ、トマト、キュウリなど体を冷やす食べ物で、暑さをしのいできましたが、
今ではどこに行っても冷房がきいていて、そういった食べ物を食べることで暑さをしのぐというよりもからだを冷やしてしまっています。

 

冷房のきいた環境が体温調節機能を乱れさせ、冬よりも夏の方が、からだのこりや痛み、下痢、生理不順、生理痛、夏風邪などを引き起こしやすくなっています。
いわゆる「夏冷え」です。
からだは冷えると、免疫力を低下させます。
体が冷えると、なんとなくからだがだるかったり、なかなか風邪が治りにくかったり、夏バテになりやすくなります。
 
自宅では冷房をきかせずに生活して、会社では防寒対策も必要です。
子宮や卵巣が冷えないように、シャワーだけでなく、お風呂にも入りましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索