ブログほほえみ通信

汗腺機能を高めて、冷え防止

 

いよいよ夏到来です。
汗が止まりません。
 
汗をかきやすい時こそ、汗の質に意識むけると健康状態も把握しやすく、冷え予防対策になります。
 
良い汗は、小粒でサラサラして、乾きやすく、無味無臭で汗をかくとスッキリする感があります。
悪い汗は、大粒でベタベタして、乾きにくく、しょっぱくて臭いがあります。
汗をかくとグッタリ感が出ます。
 
汗は血液に含まれる血漿から作られ、汗腺を通って皮膚状に分泌されます。
良い汗は、汗腺にミネラルが摂り込まれた後、血液に再吸収されます。
悪い汗は、汗腺にミネラルが摂り込まれた後、血液に再吸収されず、汗と一緒にミネラルが出てしまいます。
すると体に必要なミネラルもなくなるため、夏バテや熱中症などの原因につながります。

ミネラルと一緒に出た悪い汗は、乾きにくく皮膚表面に多く残って雑菌を繁殖させるため、ベタベタや不快な臭いになります。
その状態で放置しておくと皮膚表面が乾かないので冷えにつながります。
冷房にあたると更に冷えます。
 
良い汗に変えるには、汗腺機能を高めることが大切です。
汗腺機能を高めるには、
・汗が少しずつ出るような、肌が汗ばむ程度を目安にした、軽い有酸素運動(たとえばウォーキングなど)を続けると効果的です。
・夏はミネラルを含んだ飲み物で水分補給を心がけること。
・そして汗をかいた後は、おしぼりやウェットティッシュなど、硬く絞った濡れタオルで拭くと臭い予防やクールダウンに良いです。
 
お風呂の入り方も、手足を温めた後、半身浴して、クールダウン後の着替えが良いそうです。
 
1.最初にお尻が浸るくらいの浅めの湯をためる
その際、42〜43度の熱めのお湯にして、10〜15分間休眠している汗腺が多い手足の先(肘から先、膝から下)を温めて汗腺を目覚めさせる
 
2.次にみぞおち程度の高さまで、ぬるま湯を足して36度前後にして、半身浴で体を中心から温めて、じっくりと汗をかく
 
3.湯上り後は、軽くタオルで水気を拭きとり、うちわや扇風機などで自然に汗が引くまでクールダウンしてから着替える

 
※ 入浴の前後や途中の水分補給もお忘れなく。
 
これを2〜3週間続けると汗腺機能が高まって、良い汗がかけるようになるそうです。
 
汗をかいた後の蒸発が体温低下の働きになるので、いかに蒸発しやすくするか
ぜひ、汗腺機能を高めることも冷えを予防してみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索