ブログほほえみ通信

化学物質はからだを冷やす

からだに不調を感じると、すぐに薬を飲んで症状を抑えようとする方がいます。
なかには何種類もの薬を食後に飲まれる方もいらっしゃいます。

 

化学薬品には、からだを冷やす作用があります。
特に解熱剤や鎮痛剤はからだを冷やしてしまい、さらなる痛みにつながりかねません。

 

また、食品添加物、保存料、残留農薬なども人の体内に入ると、冷やす働きをします。
化学物質は自然界には存在しないものであるため、体内に侵入すると、からだがストレスを起こし、交感神経が緊張し血管が収縮を起こします。

 

それによって、全身の血流が悪くなりからだが冷えてしまうのです。
からだの不調はできる限り、生活習慣や食事を見直しましょう。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索