ブログほほえみ通信

睡眠と免疫力、妊娠の関係

私たちの体の機能を調整しているのは自律神経です。
自律神経は意思とは関係なく働いています。

自律神経は交感神経と、副交感神経となり、この2つがバランスを取りながら働いています。


交感神経は、昼間の神経、働いているときの緊張した神経です。
副交感神経は、リラックスしたときの神経、夜の神経です。
 
心身に過剰なストレスがかかると、交感神経が優位になりすぎて、緊張状態が長く続くと免疫力低下を起こします。
睡眠中に体に侵入したウイルスなどをやっつける働きが活発になり免疫力がアップします。
また妊娠ホルモンも活発に働きます。

睡眠中は副交感神経が優位に働いて、リラックス状態になります。
睡眠時間が短いと免疫力にも、妊娠にも影響を与えてしまいます。

 
睡眠時間が短いということは、緊張にさらされている時間が長いということでリラックスしている時間が短いということになります。
生活習慣を見直しましょうね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索