ブログほほえみ通信

なかなか妊娠しない原因は?

「なかなか妊娠しない…なんでだろう」
その原因として最も多いのが”血行が悪く下半身が冷えている”ことです。
 
よくあるのが、妊娠したいと思っているはずなのに
 
◎レギンスと靴下の間を空けて”足首を出す”服装
◎足の甲が見える浅い靴下を履いている
◎雨で衣服・靴下・スニーカーが濡れたままにしていまっている

という方がおられます。

 
下半身を冷えると血行が悪くなって子宮や卵巣も冷えて妊娠しづらい状態になります。
妊活をしている人は、他の人が足首を出す服装をしていても、自分はしないと強く思って服装に気を配ることが大切です。

そうやってきちんと温活をしている方が暑い夏でも妊娠されていきます。
妊娠している人は、なおさら冷やしてはいけないので、夏でも素足を出したり冷えそうな薄い衣服を着ないことです。
 
不妊治療を受けにいらっしゃる方を診察すると、
 
・お尻やお腹が冷たい
・太ももが太い(浮腫み)
・足が冷える
・ふくらはぎが浮腫む
・肩がこる(猫背)
・骨盤にゆがみがある(左右のバランスが違う)
 
こういった症状の方がとても多いです。
これらの症状が『不妊の一番大きい原因』であるのは間違いありません。
 
浮腫みは冷えて起こる症状ですし、ゆがみによって血行不良を起こしています。
歪みや滞り冷えを治すことで、妊娠されていきます。
 
これらの症状は、病院の検査では分かりませんし、血液検査で教えてくれません。
鍼灸治療は、ゆがみ滞り冷えを改善するのに、とても有効です。
 
妊娠したいと通ってくれるからには、妊娠させてあげたいと思って一所懸命治療に入らさせていただいています。
ですが、服装を見るとアレアレアレ?!という場合が多いのも事実です。
 
冷えは慣れるので、意識して過ごさないと冷やしている自覚がないことも多いです。
 
夏の妊活で大切なのは、
 
*人の目を気にしない
*憶測で服装を決めない(触って確認する、試し履きして確認する、検証する)
*推測する(後の環境を)
 
これらを勇気を持ってすることで、早い冷え改善に繋がり、早い妊娠に繋がります。
日頃の外出時や家での過ごし方、睡眠時の環境にも気を配って一緒に体を良くしていけたら嬉しいです。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索