ブログほほえみ通信

しっかり「体温調整」しましょう。

暑かったり寒かったり湿気や汗で肌が冷えやすい季節です。

こんな時こそ、自分の手でお腹・お尻・足首を触って肌温度を確認する習慣をつけるようにしてください。
予想に反して肌が冷たくなっていることはよくあります。
冷たいと触った時に「温かい」「気持ち良い」という感覚があります。
 
冷たいと分かれば、すぐ対処することが出来ます。
 
濡れたままの衣類は着替えたり、
着衣を1枚を2枚に増やしたり、
冷房の冷気は下に沈殿するのでレッグウォーマーで防いだり、
場合によってはカイロを使ったり。
 

暑い季節に「レギンスを下に重ねて履くのは無理!」という声をよく聞きます。
そのような方もお腹・お尻・足を触って冷たくなければ良いのですが、冷たくなっていれば対処が必要です。
また、汗がとまらない状態になるまで履く必要もありません。

熱は上に上昇するので、脇の下や首回りが開いた服を着ると風通しが良く、熱を放散させやすいです。
それから意外と暑い時ほど、レギンスや長袖は快適に過ごせるんですよ。
 
長袖は直射日光から肌を守るので日焼け予防だけでなく、涼しく感じたり汗も乾きやすいので冷房による冷えからも守ってくれます。
 
 
肌のべたつきは発汗後の乾いていない状態で肌の上に湿気がまとっています。
汗による体温低下+乾いていない湿気が冷房の冷気にあたって冷えやすくなるので、実は夏に長袖は重宝します。
 
私は着脱が簡単なので夏用アームカバーを良く使っています。
 
 
汗をかきやすい人は、かばんの中に、アームカバーや夏用の薄いレッグウォーマー、着替え用の靴下や下着、小さいカイロを入れておくと、すぐに対処しやすいです。
 「吸汗速乾」と書いてある素材や天然のシルク素材は肌をサラサラに保ちやすいので、おすすめです。
 
暑い夏に体を冷やさない努力が妊娠を招きやすくもします。
冷房で冷える夏こそ「体温調整」がとても大切です。
 
自分で自分の体を把握して対策が練れると、夏も楽しく過ごせるはず。
 
他にも、これが良かったよ!というアイデアがありましたら、ぜひ共有していただけたら嬉しいです。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索