ブログほほえみ通信

現代人に低体温や冷えが多いのはなぜか

低体温で冷えが原因で体調を崩している方が増えています。
体温の低下によって免疫力低下を招き、自己免疫疾患やアレルギー症状の発症につながります。

 

では、どうして現代人に低体温や冷えが多いのでしょうか。

理由は、運動量が減っているからです。


電気掃除機や電気洗濯機など家事を行う家電が当たり前となったため、これらが普及する以前に比べると私たちは運動量が減少しています。
また交通機関の発達とマイカーの普及も運動量現象の要因となってます。


どこに行ってもエアコンが効いていることも体を冷やす要因となっています。
そして、仕事場や移動の電車で体を冷やしているのにも関わらず、シャワーだけで入浴を済ませてしまい体を温めないままでいる方も増えています。
そして、運動不足のまま水分を取り過ぎることで、体が浮腫み体温が下がります。
また冷たいものの摂り過ぎることで、内臓温度を下げていることも低体温や冷えの要因となっています。
 
こういった便利な生活が、体の体温を奪い、病気になりやすくしています。

子どもが公園などで遊んで体を動かす機会が減り、中高生が冬でも素足にスカートでいて下半身を冷やしていることも、将来の不妊につながりかねません。

 

これからはどこに行ってもエアコンが効いており、体が冷えやすくなってます。
そうして冷えた体は家に帰って、湯船に入って温めましょう。
1日の疲れも取れ、次の日まで疲れが取れないようなことはなくなります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索