ブログほほえみ通信

季節の変わり目の生理周期の乱れ

4月に入っても気候が安定しない日々が続いています。
 
季節の変わり目に起こりやすいのが、「生理周期の乱れ」です。
とくに生理周期が短かったという声をよく聞きます。
 
原因として主に考えられるのが「ストレス」です。
・季節の変わり目による激しい気温差
・年度末による忙しさ
・新生活に向けての不安や心配、緊張
など、心身の疲労や脳の疲労によってホルモンバランスの乱れが起こっている場合があります。
 
脳はストレスに敏感で、脳からホルモンは分泌されるため、ストレスによって脳の機能が低下し、生理周期に影響が出ていると考えられます。
 
ホルモンバランスと自律神経バランスは影響し合っているため、自律神経を整えておくことも大切です。
たとえば、リラックスや睡眠の質など規則正しい生活を心掛けることなどで、自律神経は整います。
基礎体温も参考データになります。低ければ自分で後押し温活をしたり、気候の変動やストレスの多かった時など照らし合わせたり。
無排卵月経の可能性もあります。
また、毎朝時に今日の天気予報の時間別をチェックして、自分の外出時間の気温を把握しておくと予防対策もできます。
 
花粉症やホルモン剤などの副作用も考えられます。
 
卵巣機能が弱まっていたり、黄体機能不全の場合もあります。
 
最近、生理不順の傾向と思われる方は、いつもよりもリラックスや休息、十分な睡眠をとって、身体からのSOSサインをキャッチしましょう。
 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索