ブログほほえみ通信

赤ちゃんとお母さんを結ぶ「へその緒」

お母さんの子宮内にいる赤ちゃんは、いわばお母さんに寄生してお母さんが食べたものから栄養をもらっています。
その接続部が胎盤というところになります。
ここから赤ちゃんが成長に必要なあらゆる栄養をもらって、お母さんの子宮外へ出るまで育ちます。

「胎盤は赤ちゃんに危険な物質を通さないようになっている」というのを聞いたことがあるかもしれませんが、最近の研究ではそうというばかりは言えない事実が分かってきたようです。
 
赤ちゃんにとって危険なものも、胎盤をする抜けてしまうことが分かっています。
だからこそお母さんになる準備をされている方は、できる限り添加物の少ないものを選んで食べることが大切です。
妊娠前から食べ物に気を付けていると、妊娠してからも安心です。
体を変えるには6ヵ月はかかります。
赤ちゃんを望んでおられる方は、すぐにでも妊娠するために体つくりを始めましょう。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.04.05 Friday
  • -
  • 11:37
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索