ブログほほえみ通信

便秘の解消法、つわりで物が食べられない方にも好評です

東京は桜も満開、気温もあがってきました。
けれども「冷え」には十分に気をつけましょう。

 

からだを冷やすことで体温が下がって免疫力が下がるほかにも、便秘にもなりやすくなります。
便秘は、肥満や肌荒れを起こし、また余分な老廃物やコレステロールが吸収されることで肝臓に負担をかけることになります。

 

一般的な便秘の原因となるのは、植物繊維の不足が原因となります。
 生野菜を食べて植物繊維を補おうとする人も多くみられますが、現代人は腸が冷えて働きが悪くなっている方が多いので、からだを冷やす生野菜は逆効果になります。
食物繊維をとるならからだを温める、ゴボウやレンコン、ヒジキなどをとりましょう。
 
一番手っ取り早く温野菜で食物繊維をとるためにおすすめなのは、キャベツ。
キャベツを大きめに切って、しっかり洗い鍋に入れてゆでます。
ゆでる時間は短めでいいです。
ゆであがったキャベツを、水にさらしてぎゅっと絞り、お皿に盛り付けポン酢をかけて、ごまを降って食べてください。

一日に3回ご飯のおかずに加えるだけで、便秘が解消されます。
このキャベツ料理は簡単でつわりで物が食べられない方にもお勧めしています。
ぜひお試しを。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索