ブログほほえみ通信

乳がん、子宮頸がんなどのがんは低体温から

ほほえみ鍼灸院には過去にガンを患われた方が多く来てくれています。

 

ガンを経験された方の多くが35度台と体温が低いと言われています。

健康な人の体温は36.5〜37.0度とされていますが、最近では平熱が36.0度を下回る方が多くなってきています。

 

では、体温が低くなると体の中ではどういうことが起こるのでしょうか。

体温が低くなることで、血液の循環が悪くなります。

そして尿酸や乳酸、ピルビン酸などの老廃物が血液中に増えてしまい、ドロドロの血液となってしまいます。

 

食べ過ぎや運動不足などによって血液が汚れた状態になると「体に冷え」を招き、さらに血液循環が悪くなって老廃物が体に溜まることになります。

血液は全身の細胞に酸素や生命活動に必要な栄養を運び、いらなくなった老廃物を回収して腎臓や肺に運んで尿や呼気、汗として体外に出しています。

 

体の冷えはガンや万病を招きます。

血液循環を良くすることが健康を取り戻し、ガンなどの病気を繰り返しにくくなります。

 

20年前に60代で小腸ガンになった女性の方は、手術後体温を上げるためにほほえみ鍼灸院の温灸治療に通ってこられました。

そして現在は80歳を迎え元気に暮らしています。

 

また不妊治療で来られた患者さんの中にも、子宮頸がん、乳がんを経験された方ももいらっしゃいます。

ある患者様は血液が上半身にまわり、下半身には回りづらくなったため冷えのぼせがひどく体調が優れない状態でしたが、温灸治療をして体全体に血液をまんべんなく循環できるようになったことで、がんの再発はありません。

 

ガンを経験された40歳を超えた方でも、元気になりお子さんが授かった方もいらっしゃいます。

ガンを患ってつらい思いをされている方、是非ほほえみ鍼灸院の温灸治療をお試しくださいね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索