ブログほほえみ通信

病院で顎関節症と言われた方が、三叉神経痛で鍼灸治療1回で完治しました

ほほえみ鍼灸院の一般治療のホームページを開設して約1ヶ月。
顔面や口の中に激痛が走り、病院で「顎関節症」と言われ、辛い症状でお悩みの方ががホームページをご覧になられて治療にお越しになられました。
https://hohoemi-baby.net/moxa/casestudy/?p=41

 

鍼灸治療は初めてとのことなので、院長が治療に入りじっくりお話を伺いました。
すると、この方は顎関節症ではなく、三叉神経痛の症状であることがわかりました。
三叉神経痛は顔の感覚を司る三叉神経が血管などによって圧迫されることで、突発的に顔面や口の中に激痛が走る病気です。
鍼とパルス、温灸治療を施し、1度の治療で完治されました。

一方、顎関節症は顎ががくがくして音がして、物が食べにくく痛みがありますが、鋭い痛みが起こることはありません。
口が開かない、あごを動かすと痛むし音がする症状です。
あごの関節がずれている方なども1度の鍼灸治療で治すことができます。

 

日曜、祭日も診療しておりますので、お困りの方はご相談ください。

 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索