ブログほほえみ通信

体が辛くて仕事ができなくなった方が鍼灸治療で元気になられました

「体のだるさ」は鍼灸治療で改善できます。

20代、30代と頑張って仕事をやってきたけれども、40歳を目前にした頃から体がだるくて疲れやすくなってしまい、それが原因で仕事を辞めてしまった方がほほえみ鍼灸院に治療に来られました。

体を診てみると、浮腫みがあり、寝ても疲れが取れないとのこと。
1度風邪をひいたら何か月も治らず、それでも仕事をやめるわけにはいかないため、
鎮痛剤や栄養ドリンクを飲んで、仕事を続けていたそうです。
そんなことを続けているうちに、朝も起きれず体調不良が続き仕事をやめてしまったとのこと。

 

「生きてるけれど体が辛くてやっと生きているという感じです」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。
そういう方々は体全体が浮腫み、肩こり、腰痛、頭痛があります。

色んなことを試してみたけれど元気になったことがない。
病院の検査もいっぱいしたけれど異常がないと言われ、
原因もみつからず、誰にも相談できず、
「どうしたら元気にまた働けるのでしょうか」と、
悲痛な面持ちで相談に来られる方もこれまでたくさん診てきました。

 

これまで他の鍼灸院で治療を受けてきた患者さんほど、
ほほえみ鍼灸院の温灸治療の違いをよくわかってくださいます。

 

まず、治療時間中はつきっきりで施術を行います。
置き鍼をしたまま、その間は何もしないということがありません。
温灸、鍼、パルス、マッサージなど、さまざまな手技を用いて治療していきます。

 

また、お灸というと直接肌の上にするものや、シールで貼るものをイメージされる方が多いですが、当院のお灸は全然違う独自の治療方法です。
一般的なお灸は数が少なく5か所から多くても10か所ぐらいで皮膚の上だけ熱いもので熱が浸透しないため効果が出るのに期間がかかると言われています。
当院独特の温灸は「棒灸」を使って、治療技の上から熱を入れていきます。
ですので、顔から足までどこでも温灸を施すことができます。
また1点への熱の浸透力も強いため、しっかり悪い部分のツボ、筋肉の中まで熱を入れて滞りを解消することができます。
そして、この温灸法は治療着の上からできるので、跡もまったく残りません。

 

こうして、血液、リンパの流れの悪くなった毛細血管を拡張させ、循環障害を回復させることで、体の不調が改善するのです。

 

何をやっても体調が良くならなかった方には、ぜひこの独自の鍼灸治療をお試しいただきたいのです。
心身ともに健やかに日々を送っていただけるよう、30年の治療実績を持つ院長がしっかり治療いたします。

体が辛くて仕事をやめようかと切羽詰まるほど悩んでいる方は、ぜひ1度お試しください。
1度目の治療後に、体がすっきりしているのを感じていただけるかと思います。

 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索