ブログほほえみ通信

寒い季節、体調管理は万全に。

この時季は、インフルエンザや風邪の注意喚起がニュースで流れていますね。
また急性胃腸炎にもなりやすいです。
 
以前ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られていた患者さんで、正月に風邪を引き、その後に急性胃腸炎にかかった方がいらっしゃいました。
他にも移植に向けて体づくりをしてきて、いざ移植周期!という大事な時に、直前で風邪をもらってしまって、移植後に咳をしながら過ごした方もいらっしゃいました。
 
体調を崩すと、排卵が飛んだり、高温期に体温が上がらなかったり、低温期に体温が高かったり、生理周期が短かくなったり長くなったり、症状が表れやすいです。
今周期は何かいつもと違うかも?と思った時は、そういった後遺症もあるかもしれません。
 
手洗い、うがい、マスクの着用、水分補給、換気、十分な休息など、予防してくださいね。
 
咳をすると呼吸器周辺の筋肉が硬くなり、呼吸が浅くなりやすいです。
ほほえみ鍼灸院の温灸治療は、筋肉の中まで熱を浸透させて緩ませる効果があります。
 
長年の喘息で吸引器が手放せなかった患者さんが、治療を受けてから吸引器を使わなくなった!とおっしゃっていました。
 
深い呼吸が出来ると、心身のリラックスにつながりやすいです。
筋肉が緩めば、全身の血流も良くなります。
 
いよいよ1年で一番寒い時期がやってきましたが、負けじと予防と十分な休息でリラックスを一緒に気をつけましょう!
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.01.30 Wednesday
  • -
  • 10:17
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索