ブログほほえみ通信

だるさや疲れの原因は卵巣機能の低下が原因!?

体がだるく、疲れやすいのことは卵巣機能が低下が原因かもしれません。
卵巣機能が低下したり、生理不順になったり、生理がこなくなると体調が悪くなり、冷えを感じたり、疲れやすくなり、うつ症状があらわれやすくなります。
また、体温が36.0以下になるような低体温症になると、さまざまなな病気が隠れている場合もあります。
 
女性に多い甲状腺の病気、肝臓、腎臓、心臓などの病気も考えられます。
うつ病が原因で、だるかったり疲れやすくなったりすることもあります。
性格や怠け癖と考えて頑張っている人もいますが、心の病気かもしれないので、その原因となることをみつけて対処療法を考えてみましょう。

 
また鉄不足も考えられます。
ヘム鉄を2週間くらい飲むと元気になる方もいますので、お試しくださいね。
女性ホルモンが安定すると体の状態が安定してきますので、自分の卵巣機能は生理周期を見ていくことが必要です。

 
基礎体温を日頃から付けておいて、36.0度以下の体温の方は体温を上げるためにストレス解消したり、食事の見直しをしたり、生活習慣を変えることで健康な体を取り戻せます。

こちらのブログでは妊娠に向けた体づくりのことを主にお伝えしていますが、健康で元気な体があってはじめて妊娠ができます。
ですので、現時点では妊娠は考えていない独身の方にも読んでいただき、自分の体のことを知り、大切にしていただけたらと思っています。

 

温灸ヘッドマッサージ
https://hohoemi-moxa.com/menu/head/index.html

一般鍼灸治療も行っています。
https://hohoemi-moxa.com/menu/general/index.html


私たちは30年の臨床経験でさまざまな病気でお悩みの方々を治療してきました。
https://hohoemi-moxa.com/casestudy/


どうしても改善されない体の不調がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索