ブログほほえみ通信

低温期と高温期の差がない方は妊娠しづらい

低温期が36.0℃以下であったり、36.0以上あったとしても、高温期との差が0.4以上くらいなければ排卵してないかもしれません。
低温期が低いと高温期も低いため質の卵子が排出されていない可能性が高く、排卵日あたりにタイミングを取ったとしてもなかなか妊娠しづらくなります。

 

このような状態になっている方は、下半身全体を冷やしてしまっています。
だから、下半身全体をしっかり温める必要があります。

下半身の筋肉がかたくこわばったようになって、指圧をしたくらいではこのかたさを取ることはできません。
鍼とパルスをしてこわばったようになった筋肉を緩め、血液の流れを良くしていきます。
その後、温灸治療をして筋肉を温めて血行を良くし、体全体の体温を上げていくことで健康で妊娠しやすい体をつくっていきます。
 
血液は酸素と栄養を体に運ぶのが仕事です。
血液の循環が悪いために子宮や卵巣に栄養と酸素が届きにくくなって不妊症を起こすのです。

 

このブログでは何度もお伝えしていますが、冷えは妊活の大敵です。
そして、ふだんから下半身を温めるよう心がけてください。
ズボンの下にはレギンスを履きましょう。
寒い日には2枚重ねて履くくらい温めてください。
そして、家の中では暖房をつけて体を冷やさないように。

 
動物性たんぱく質、根菜類もしっかり食べて、体の内側から温めましょう。
また氷の入ったものを飲まなように。

お風呂はシャワーだけで済まさず、湯船に入るなどを心がけてくださいね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索