ブログほほえみ通信

からだを温める食材をとると自律神経が整います。

毎日の食事は自律神経にも影響してきます。

 

また食品とそれを食べる人の性質は似てくるとも言います。
たとえば、フワフワのパンやケーキ、水分たっぷりのフルーツなどが好きな人は、色白でぽっちゃりとした体形になりやすく、硬い食べ物やゴボウなどの根菜類が好きな人は、引き締まった体型になりやすいようです。
 
わたしたちのからだは毎日食べている食事からできています。
たまに外食することはストレス解消になるので問題ないですが、やはり体に良いものを摂取するためには家での食事を基本にしましょう。
また家でご飯を食べると、食費も多くかかりません。

生野菜のサラダやフルーツはからだを冷やす性質があるので、できる限り根菜類の煮物などを休みの日に多めに作って食べるようにするとからだが温まり、基礎代謝がアップして脂肪の燃焼がうまくすすみ、免疫力もアップし自律神経も整ってきます。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索