ブログほほえみ通信

妊娠の大敵、慢性的な浮腫み

先日、3回流産されている方が不妊鍼灸治療に来られました。

 

体を診てみると、下半身の浮腫みが強いのですが、本人は慢性的にむくんでいるので浮腫んでいことに気付いていませんでした。

鍼灸治療を1回したら、次の日に体重が2キロ痩せていました。
その2キロは浮腫みによる老廃物の溜まった水分です。


下半身の代謝がとても悪いため、浮腫みとして慢性的に体に溜まっているのです。

浮腫みがあるため、新鮮な血液からの栄養が子宮や卵巣に届きにくくなるため、強い卵子が育ちません。
そのために流産を繰り返すのです。

 

そのままでは何回体外受精をしても同じことを繰り返すだけなので、鍼灸治療に来てくれています。

このようなタイプの方の体は下半身が上半身に比べて太く特にお尻、太ももがやせず、汗をかきにくい基礎体温が低く上がらないといった特徴があります。

同じような体の特徴をお持ちの、方で妊娠できない、流産をする、体外受精が上手いっていないような方は体質改善が出来ますのでお試しください。


良い卵子が育ち妊娠しやすい体に変わります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索