ブログほほえみ通信

汗との付き合い方

関東地方も梅雨入りしました。
そして、汗と冷房から逃げられない季節になってきました。

 

汗とは上手に付き合っていくことが大切です。
冷房の効いた部屋にずっとこもっているなど、汗をかかない生活を続けていると汗をかきにくい体質にもつながります。
汗をかくことを避けるのではなく、汗と上手に付き合っていきましょう。
 
汗のもとは血液の1つである血漿から作られていますので、血流が良くなると、全身に栄養や酸素が運ばれるため、体の細胞の働きも元気になり、汗も血液もサラサラします。

血流がよくないと、汗をかきにくくなります。


汗をかきにくい体質だった方が鍼灸治療で血流を改善することで、しっかり汗をかくようになり、また基礎体温も上がって妊娠しやすい体質改善に成功されることは珍しくないです。

 

汗をかくことは、体内に溜まっている老廃物や毒素を体外に排出する「毒出し」効果があります。
 汗が皮膚表面に出るまでに、ミネラルや塩分あるいはタンパク質などは体内に再吸収され、水分だけが汗として排出されるような「ろ過機能」が備わっています。
 
汗をかけばかくほど「ろ過機能」は高まります。
 
汗をかきにくい体質の場合は、汗をかきやすい体質に変えること。
悪い汗をかく場合は、良い汗をかける体質に変えること。
 
良い汗とは、水に近いサラサラした汗で、無味無臭です。
皮膚面で蒸発しやすく雑菌による繁殖も少ないです。
 
一方、悪い汗は「ろ過機能」がうまく機能していないため、ジトっした汗で蒸発しにくいため雑菌も繁殖しやすく、嫌な臭いやアレルギーを起こしやすくします。
 
高温多湿のこれからの季節を快適に乗り越えるうえで、汗をかいた後のケアがとても重要です。
温活を日頃から努力されているので、温活をしていることが気が付いたら汗冷えして肌が冷たい、、なんてことはもったないです。
 
汗をかいた後は、
着替えるも良し!
汗ふきシートで拭くも良し!
肌に触れる衣類の素材で工夫するも良し!
一番ダメなのは、汗をかいた後そのまま放置していることです。
人によっては、タオルをインナーの下に入れて、さっと抜けるよう工夫されている方もいます。
 
体質も生活も人それぞれなので、自分に合った温活ができると良いですね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索