ブログほほえみ通信

体温調整をうまく行いましょう。

初夏のような気温の日でも、足が冷たい方が多いです。
 
暑い、暑いと思っているのは、実は上半身だけだったりします。
いわゆる「のぼせ冷え」の症状です。
 
熱は温まると上昇し、冷えると下降する習性があります。
体の中で上半身と下半身と熱が分離している可能性が考えられます。
 
一番わかりやすい確認方法は、自分の手で「お尻・お腹・足指・足裏・足首・太もも」を触って肌温度をみることです。
 
暑いと人はなぜか下半身から薄着になりがちです。
外を歩いていても、ほとんどの方が素足にスカート、あるいはズボン下は何も履かず足首を出す服装をしています。
 
薄着以外に冷たい方は、汗冷えが多いです。
体は汗をかいて体温を下げる習性があります。
汗をふかずに、もしくは汗で濡れた衣類を着たままでいたら、体温が下がった上に濡れたおしぼりで覆っている状態になります。
汗をかいた後なので、当然体温は下がっていますので、肌温度を上げるのは難しいです。
 
そこで一番オススメなのは、「シルク(絹)素材」と「着替え」です。
 
すぐに汗をかきやすい方は、カバンに着替えを入れて、1日に何回も着替える必要があります。
そうすることで、肌温度を自然に上昇させやすくなります。
 
また、綿の素材は汗の吸収は良いですが乾かす力は弱いです。
服が濡れたままだと肌がいつもジメっと湿ったままになります。
一方、シルク(絹)素材は、吸汗速乾性が高く汗をすぐに吸って乾かしてくれます。
肌をさらさらに保ち、保温性に優れています。
 
これから梅雨・夏と洗濯物が乾きづらかったり、汗をかきやすい季節に入ります。
極力、着替えも含めて"余分に多く"揃えておくことをおすすめします。
また、ゆったりと締めつけずに履くのが血流を良くさせるので、"いつもより1サイズ上"の物を揃えることをおすすめします。
 
子宮・卵巣を守るショーツ、生殖器エリアの足首を守る靴下は最低限シルク(絹)素材を着用できると安心です。
 
別段ですが人によってはあせも予防に、シルク(絹)の腹巻きをブラジャーの下にあてて胸・腹を予防している方もいらっしゃいます。
 
冷房と外気温の繰り返しに体温調整が難しくなります。
ぜひ、お早めに自分の生活に合った工夫対策をとってみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.06.04 Monday
  • -
  • 10:18
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索