ブログほほえみ通信

食べ物が体を作ります

普段摂っている食べ物が体を作ります。
甘いおやつ、菓子パン、インスタント食品、加工食品、ファーストフードなど、簡単に手に入りやすいですが、健康上はあまりおすすめできません。
 
さらに、パソコンやスマートフォンなど常に頭を休めることのない生活や、日常の様々なストレス、そして体に良くない食物によって、交感神経が常に優位になりやすいです。
 
交感神経が優位になっている状態が続くと、不眠症やアレルギー、高血圧、胃腸疾患、目・耳疾患などが起こりやすいです。
 
そこで、副交感神経(リラックス効果)が優位になりやすい状態を意識的に作ることが大切です。
方法は色々ありますが、今回はすぐに取り組める「食べ物」をテーマにご紹介します。
 
副交感神経が優位になりやすい食物
 
◎食物繊維が多い食品
便通を良くし老廃物を排出してくれます。病気の予防にも役立ちます。
→キノコ、海藻類、根菜、野菜など
 
◎丸ごと食べられる食品
生命維持に欠かせない様々な栄養素を無駄なく摂れます。
→玄米、小魚、ごま、大豆、くるみなど
 
◎乳酸菌や麹菌などの菌を活用して作った発酵食品
菌の作用によって食品本来の栄養素が消化しやすく、栄養価も高く、風味や旨味が増します。
→チーズ、ヨーグルト、味噌、醤油、漬物、納豆など
 
◎一瞬不快な気分になりやすい食品
酸味、苦味、辛味など香辛料。体が有害物質と認識しやすく排除しようと胃腸の働きを活発にしてくれます。
→梅干し、酢、わさび、唐辛子など
 
◎体を温める食品
低体温を防いで、病気の予防に役立ちます。
→しょうが、ねぎ、こしょうなど
 
 
食を見直すことが心身の様々な症状の改善に繋がります。
ぜひ参考になさってください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.05.30 Wednesday
  • -
  • 10:13
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索