ブログほほえみ通信

「冷え」は体にどんな影響があるのか

「冷え」といってもいろいろあります。

服装に気を付けないことが原因で冷えることもあれば、

冷たいものを多く摂取することが原因で体を冷やしてしまっている場合や

添加物や仕事でストレスが原因で冷えてしまう場合もあります。


「冷え」があると血管がけいれんして縮みます。

きゅっと血管が細くなるのです。
 
血のめぐりが悪くなると、酸素やそのほかの栄養素が体の末端まで届かなくなります。
酸素や栄養素が体のすみずみまで届かないと末端の細胞が活動してできた二酸化炭素や、疲労物質が体の中に溜まって出ていかなくなります。
体に良いものが入らなくて、悪いものが溜まってしまうのです。

それが浮腫みです。
 
細胞の機能が非常に落ちるか、狂ってしまうのです。

そうなると入ってはいけないものが体の中に入ってしまいます。

牛肉や豚肉はホルモン剤を使ったり抗生物質を飲ませたりして育てられており、私たちは食べているいます。

それらのものが体に全部が一緒に入ってくると、免疫反応がその異常なものに対して過剰に起こります。
それが、アレルギーやアトピーです。
 
「冷え」がいかに体に影響を及ぼすか分かってもらえましたでしょうか。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.05.28 Monday
  • -
  • 11:03
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索