ブログほほえみ通信

骨盤の歪みと不妊治療

不妊治療に来られる方の体を診させていただくと、左右の足の長さが違う、骨盤の高さが違う、肩の高さが違うなど、骨盤の歪みがある方が多いです。
 

骨は自分では動きません。
骨の周りの殿筋、腸腰筋、股関節周りの筋肉の使い方が左右でちがうために固まって短縮してしまいます。
伸びない筋肉に引っ張られて固まった方向に歪みます。
そうして骨盤がずれるのです。


骨盤に歪みがあると、骨盤回りが固まりお腹の血行が悪くなり、不妊症になります。

また背骨も曲がるため、不妊症の方は肩首の凝り、腰痛のある方が多いです。

 

股関節、膝関節には太い血管が通っています。
そこが固まり血管が圧迫されて下半身の血液の流れが悪くなるため足が冷えます。

そのままの体では何回、採卵などをしてもうまくいきません。
肩首の凝り、腰痛、足の冷えなどがある方は骨盤の歪みが不妊の原因の可能性があります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索