ブログほほえみ通信

貧血、低血圧が不妊に与える影響

患者さんを毎日、診ていると貧血ぎみで、血圧も低く冷え性の方が多いと感じています。
血圧とは、心臓から送り出される血液の血管内の圧力のことをいいます。
低血圧とは循環している血液に勢いがないということです。
 
低血圧の悪影響は倦怠感、めまい、肩こり、冷え性などの症状がみられます。
血圧も体温と同じで、計るところによって異なります。
血圧は心臓から離れるにしたがって低くなっていきます。
血圧が低ければ低いほど、温かい動脈血が末端に流れにくくなり、さらに末端からの静脈血も心臓に戻りにくくなります。

 
来られている患者さんには、毎日少量のレバーを毎日食べることをおすすめしています。

鶏レバーには葉酸が多く含まれていて、亜鉛や鉄分も多く含まれていています。
また、ビタミンAを取ることが出来ます。

 

以前に書いたこちらの記事も、ぜひ参考になさってみてくださいね


▼レバーを食べると卵子の質がよくなる
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=562

▼こまめにタンパク質をとりましょう
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=462

 

妊娠するためには、貧血や低血圧を防ぎまましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索