ブログほほえみ通信

朝までぐっすり眠るために

先日、”早朝に目が覚めてしまう”という方がいらっしゃいました。
早朝に覚醒してしまう原因としては、女性ホルモンの乱れや薬の副作用、悩み事など心の状態、あとは加齢が考えられます。
 
女性ホルモンのバランスでいうと、月経前・妊娠中・出産後・更年期に睡眠障害が現れやすいです。
とくに月経前や妊娠初期に早朝覚醒や眠りが浅くなり途中何度も目が覚める中途覚醒があります。
 
・早朝にプロゲステロンが増加する(日が暮れるとともにエストロゲンが増加する)
・1日の深部体温リズムが卵胞期に比べて、黄体期は体温が高く、リズム変動に差があまりない。
 
つまり、プロゲステロンの増加が眠りから覚醒しやすくなります。
 
ホルモン剤など薬の副作用や心の悩みごとも影響しやすいです。
月経周期や薬の服用、睡眠の変化など記録をつけて把握すると良いです。
 
対策としては、
・気持ち良く起床できる睡眠時間を把握する
・そして、就寝起床時間を一定にする(平日も休日も)
・日中に太陽の光を浴びて、体にメリハリを覚えさせて体内時計を整える
・適度な運動をする
・あまり考え過ぎず、ストレスを溜めこまない
・寝る前の入眠儀式(リラックスタイム)をつくる
・寝室の室温や湿度など快適な寝室づくりをする
・数ヶ月間、睡眠日記をつける
・その他、生活習慣の見直しをしてみる(食事時間、カフェイン、アルコール、香辛料など)
 
睡眠は女性ホルモンと密接に関係しています。
質の良い睡眠をとることが質の良い卵の形成につながります。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索