ブログほほえみ通信

自宅でできる、妊活方法

先日、2人目不妊でいらした患者さんから、
「遠方に住んでいるため、鍼灸院に通うことが難しい。
 体が良いか悪い状態なのかも自分ではよく分からない。
タイミング療法で子育てしながら、自分で出来ること、気をつけることについて何かありますか」
という質問を受けました。
 
以下に簡単なポイントだけまとめてみました。
 
<生活編>
【衣】
下半身は薄着にならない。
ホッカイロや重ね着で下半身が冷えないように肌温度を触って確認する。
上半身で体温調整する。
着脱しやすい上着で環境に合わせて臨機応変に。
汗をかくと肌は冷えます。
汗冷え予防はインナーや靴下の素材を吸水速乾しやすいものに。
触って確認する。
必要な人は着替えも準備する。
 
【食】
動物性たんぱく質を多めに摂取する。
毎月出血するので鉄分も必要量摂取する。
栄養バランスよく食事する。
温かい飲食をとる。
抗酸化のサプリメントも活用する。
夜食の時間を早めにするか、遅い場合は軽め消化しやすいものにする。
 
【住】
足元が冷えないよう、床暖やホットカーペット、ヒーターや下半身の重ね着など適宜調整する。
温度湿度計を家の下の方に設置して、客観的に判断しやすいようにする。
 
【心】
リラックス 笑い多い生活を心がける。
※イライラや喧嘩、ストレス、緊張には要注意!

 
【眠】
早寝、たっぷり睡眠が良い卵につながります。
寝間着は下半身が冷えないようにして欲しいのですが、厚着しすぎて汗冷えを起こしている人もいます。
適宜調整して快適睡眠を見つけてください。
寝具は、敷き布団を2枚など厚めにして、地の冷えをガードしてください。
すのこやスプリングベッド、1枚敷き布団は冷気が入りやすいので気をつけてください。
 
<体の状態編>
基礎体温・・・おおよそ2層になっているか(高低差0.3〜0.4℃)
生理周期・・・だいたい安定しているか
生理痛・・・あれば何かしら体を冷やしています。
おりもの・・・排卵前に量が増えるか
高温期の維持・・・タイミング後に後押し温活とプチ妊婦生活をしているか
旦那さんのコンディション・・・タイミング前に疲れきってないか
 
<その他>
夫婦ともに必要な検査・確認は済ませてあるか
 
 
詳細な内容については過去のブログ記事にて紹介していますので、ご覧いただければと思います。
既に出来ていることも沢山あると思いますが、皆さんの1日でも早い妊娠につながることを祈って。
どうぞ参考になさってみてください。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.03.19 Monday
  • -
  • 10:24
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索