ブログほほえみ通信

鍼灸は続けることで効果が出ます

鍼灸は続けることで効果が出ます。
 
何年か前にふたりめ不妊の治療に当時43歳の患者さんが来られました。
8か月後に体外受精をしたものの妊娠されなかったので、「なぜだろう?」とカルテを見たら、お子さんがいるのでよく風邪をひいて休まれたり、幼稚園の行事があって休まれたりで、1ヶ月に1度しか鍼灸治療に来れないことが続いていました。
 
鍼灸治療は1週間に1〜2度継続することが、もっとも大切なのです。
鍼灸治療でからだの悪い部分をとっていくので、1ヶ月も長く放置したらどうしても元の体の悪い状態に戻りやすくなります。
一方で、一度しっかり体を治しておくことによって、一人目は体外受精で妊娠したのだけれど、二人目は自然妊娠しましたという方が多くいます。

 

流産を経験された方も1週間に1度〜2度しっかり治療を受けていただくと、妊娠を継続しやすくなります。
時間や費用の面でも大変なこともあるかと思いますが、ぜひ継続して妊娠しやすい体をしっかりつくっていただきたいと思います。

 

こちらの記事もぜひご覧くださいね。


一人目は体外受精で妊娠、二人目は自然妊娠しました
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=773

 

嬉しい妊娠と出産の報告をいただきました
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=787

 

年賀はがきから嬉しい報告
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=784

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索