ブログほほえみ通信

体の冷えを取る方法

体が冷えると筋肉が硬くなり、臓器も硬くなります。
硬いので体の柔軟性が狭まり、体のゆがみに繋がります。
 
鍼灸では、体の滞っているところを改善させ、体のゆがみを整えていきます。
冷えは痛みを伴います。生理痛、排卵痛、昔の古傷が痛むなどは血の巡りが悪くして起こる症状です。
当院に定期的に通っている患者さんは、こうした痛みから解放されています。
 
今は一年で一番寒い季節なので、気温が下がったなりの格好をすることが大切です。
たとえば、レギンス+ズボンだけでなく、間にもう1枚履くとか、靴下を2枚だったのを3枚にするなど
 
冷えとりはやっているかどうかよりも、“体が温かいと感じているかどうか”に意識を向けると正確です。
一人一人体質が違うので、自分にとっての温かいと感じる格好が見つかると温活衣類も揃えやすいです。
施術中、まれにご本人が十分と思っている格好が足りていないと感じることもあります。
気になる方はお気軽にお声かけください。

重ね着を増やしても温かいとなかなか感じない場合は、ホッカイロを惜しみなく使いましょう。
たとえば足首から下が冷たい時は、アキレス腱の後ろにホッカイロミニを貼ったり、あるいは内側から外側へ時間ごとにずらしたりすると良いです。足首の内側と外側に動脈が通っているからです。
足の指先が冷える時は、足の甲やや指先寄りにホッカイロミニを貼ると足先がぽかぽか温かいです。
足裏は汗をかくので汗冷えしやすいです。
足首周りは生殖器エリアなので温かくしていると筋肉の血流量も上がり、体の動きも広がるので上半身に血流が戻りやすいです。
 
体は利口なので、温かさを覚えてくれます。
すると冷えに敏感に反応し体が教えてくれます。
今のうちに春や夏にも着れる冬用のあったかインナーやホッカイロを多めに揃えておくと安心です。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索