ブログほほえみ通信

体外受精で早く妊娠するためには

ほほえみ鍼灸院では、これまで何度も体外受精をしたけれどうまくいかなかった方がたくさん妊娠されています。

 

11回採卵をして6回の胚移植をしてもうまくいかなかった方、
5回採卵をして1回目以降はまったく卵子が育っていなかった方が不妊鍼灸治療にお越しになられました。

 

これだけ体外受精をしてもうまくいかないのには、必ず原因があります。

妊娠するためには、良い卵子とふかふかの子宮内膜が必要です。
鍼灸治療で血行の悪い部分を治し、血液の流れを良くして卵巣と子宮に血液が流れやすくします。
血液は酸素と栄養を運んでいますから、当然子宮や卵巣栄養が運ばれ良い卵子ができやすくなるのです。

 

おふたりともそのままの体で体外受精をと続けていてもうまくいかないと重い、真剣に鍼灸治療に通ってくださいました。
そして鍼灸治療と日常生活の改善で体づくりをしっかりして採卵に臨みました。
11回の採卵でうまくいっていなかった方は1回目の新鮮胚移植で妊娠されました。
5回の採卵で卵子の全く育たなかった方は1回目の採卵で無事受精卵が育ちましたこの新鮮胚移植は陰性でしたが、鍼灸治療を継続して、2回目の胚盤胞移植で無事妊娠されました。

 

鍼灸治療を受けることも根気がいる思われる方もおられると思います。
でも、確実に妊娠に近づきます。

早く妊娠したいと思われ焦って採卵を繰り返す方もおられますが焦ってもかえって卵巣を疲れさせて良い卵子が育たず費用と時間を無駄にします。


しっかりと体を整えることが早い妊娠につながります。
鍼灸治療をする時間は無駄にはなりません。
これまで体外受精を繰り返しているけれども上手くいっていない方には、特にお勧めします。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索