ブログほほえみ通信

体外受精の病院の選び方

体外受精の病院もたくさんあって、どこに行ったらいいのか迷われている方がいます。


病院によって薬や注射のやり方、また移植の仕方もさまざまです。
最初の病院選びはとても大切です。

家から近いとか、仕事場から近いで病院を選ばない方が賢明です。


以前に来られていた患者様は「行きやすいという理由」だけで決めていった病院が、風疹の検査や性病の検査もせず、いきなり体外受精をしたけれどもまったくうまくいきませんでした。
2回強刺激で採卵したけれども、妊娠することはできませんでした。

 

こういうことを何度も繰り返すと卵巣が弱って妊娠しづらくなり、良い卵子ができにくくなります。

この患者様にはしっかりとお話しさせていただき、まずは今まで体外受精で使った薬を抜く時間を十分にとってもらい、
それと同時に血行の循環をよくする鍼灸治療を施し、良い卵子ができるように体つくりをしました。
その後、刺激の少ない体外受精の病院に行ってもらい妊娠されています。

 

こういう方は本当に多くいます。
自分の体を大切にして、赤ちゃんを授かるためにも、しっかりと吟味して病院を選んでくださいね。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索