ブログほほえみ通信

妊娠のための温活

先日160デニールの裏起毛タイツを入手し、とっても温かったので患者さんに話したところ、
「わたし、350デニール着用しています」とか
「ネットで600デニール見つけました」という反応がありました。
そのような方々は温活もばっちり取り組まれており、肌温度も温かいです。

 

一方で「ええ?!そんなに?!」と驚かれる場合もあり、
そのような方々は”自分なり”に温活はしていて”やって満足”している場合が多いです。

 

たとえば「カイロ1枚だけ」とか「まだカイロ使用していない」とか「パジャマズボンの下は何も履いていない」「外に出る時の靴下1枚」「夏用靴下をまだ使っている」という声をよく聞きます。
どうしても頭の中で、これまでの自分の常識が邪魔して、想像だけで着用枚数やホッカイロの使用を判断されています。
あるいは他者からの見られ方に躊躇したり。
 
妊活をしているので、普通の人と同じ格好をしていては何も変わりません。
ほほえみ鍼灸院では、周りがびっくりする位、温かい格好をするようすすめています。

週1回、鍼灸院に通っている方々は、温活具合も検証し工夫されています。


一人一人体質は違うので、自分にとっての「暑い」と「温かい」の境界線を早くつかむことが大事です。
カイロもどこに貼るとお腹、お尻、足先まで温かいと感じるか検証しながら把握することが大事です。
人によっては自力で温める力が弱いためカイロを1日5〜6枚 必要な方もいます。
「汗かくから、熱いから」と思いこんで遠慮したりするのではなく、カイロを貼る場所をずらしたり、間にもう1枚着こんで調整するほうが賢明です。
 
冷えは慣れたら自分では気づきにくいです。
いかに温かいということはどういうことかを体に覚えさせるかが冷えを早く察知する秘訣です。

温活に躊躇や遠慮は無用です。
むしろ攻める姿勢くらいがちょうどいいです。
思いこみも捨てて、何でもまずやってみてください。

冬はこれからです。
今から温活環境を整えれば今から春まで大活躍できます。
衣類で準備するなら、いつもより1サイズ上を揃えてください。そうすれば重ね着も締め付け感がないです。
1ヶ月先にと考えるなら、今用意した方が1ヶ月早くぬくぬく過ごせます。
 
ホットカーペットや床暖、羽毛布団など冬支度はお早めに。
また、脱衣所が寒い方はそちらも対策を。
 
おすすめのカイロを貼る場所をご紹介します
・仙骨上(お尻の割れ目と腰の間の骨上)
・下腹部(子宮・卵巣付近)
・坐骨下(坐った姿勢でお尻の下に手を入れると触れる骨の下辺り)
・ソケイ部の下(足の付け根のやや下辺り)
・三陰交辺り
・足の甲の上
・骨盤底部
・腰あるいは腎臓辺り
・耳
・首の後ろ(首を前傾したときに飛び出る骨付近)
 
ぜひ、自分に合った場所を見つけてみてください。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索