ブログほほえみ通信

レモン白湯で代謝UP!

血の巡りが悪いと女性ホルモンの分泌を鈍らせ、自律神経も乱れやすいです。
その中でも今回は「内臓冷え」について話します。
 
内臓冷えとは、冷えて臓器の働きが弱まり、消化吸収・代謝が悪化している状態です。
ストレスや疲労、冷たい飲食物の取り過ぎ、冷房などが原因です。
 
たとえば、
・お腹や腰回りが冷たい
・だるくてやる気が出ない
・日中眠い
・肌荒れ、肌のくすみ、シミ、シワ、たるみ
・目の下のクマができやすい、目が疲れやすい、寝ても疲れがとれない
・便秘、下痢
・冷え性、厚着しても体が冷える
・太りやすい
・むくみやすい
・食欲の低下
がある方は内臓が冷えている可能性があります。
 
これらの症状は毛細血管や静脈が、酸素や栄養素が届けられず、また二酸化炭素や不要な老廃物、余分な水分などを回収できていない状態です。
皮膚や臓器、筋肉にも毛細血管は網の目に入りくんでおり、静脈や毛細血管を広げて血行を促進させることが、血の巡りを良くさせて胃腸の活発化、代謝や免疫力アップにつながります。
 
おすすめは「レモン白湯」です。


白湯の熱で胃腸を温め食べたものが消化しやすく、汚れを洗い流してくれます。
腸の排泄機能も高まり体内に溜まった毒素や老廃物をデトックスさせ浄化してくれます。
レモンの酸味は腸の動きを活発化させ、便秘・むくみなどにも効果的です。
また香りもリラックス・リフレッシュを促し疲労物質を減らして代謝力を上げてくれます。
朝起きてすぐに1回、毎食事時に1回ずつ、寝る前に1回飲むと血をサラサラにしてくれ女性ホルモンや自律神経の働きに良いです。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索