ブログほほえみ通信

体を芯から温める入浴法

妊娠しやすい体をつくるために入浴は効果があるけれども、どのように入るかも大切です。

例えば熱いお湯に短時間つかるのか、またぬるめのお湯にゆっくりつかるのかによっても、効果が違ってきます。
 
どちらも血行が良くなり、湯の温度で温められた血液が全身を巡るため体全体が温まります。
けれども、ぬるめのお湯に、ゆったりとつかる方が血管を拡張する作用があるため、より血行が良くなり、内臓や筋肉へ酸素や栄養がスムーズに運ばれます。

また腎臓からは老廃物が排出されやすくなるため、血液がきれいになりなり、そのきれいな血液が卵巣や子宮に運ばれて、よい卵子が育ちます。
ゆったりとぬるめのお湯につかりましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索