ブログほほえみ通信

不妊症に影響を与える自律神経

不妊症にも自律神経は大きくかかわっています。
自律神経がストレスで乱れると、血管が収縮して血行が悪くなり、体温が低下します。

体温の低下は血液が汚れ、血液が流れにくくなり、子宮や卵巣に悪い
影響を与えます。
 
会社や家庭などで一時的にストレスが、かかるのはよくあることだと思います。
これらはストレスの原因が改善されれば特に問題はありませんが、
長期間ストレスが続いた場合は、子宮や卵巣に影響を与えます。

体外受精をしている方などは特に気を付けて、少しでもストレスがかからないように気分転換を心がけましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
  • 2017.09.19 Tuesday
  • -
  • 09:48
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索