ブログほほえみ通信

水が与える影響力

人は生まれる前は、お母さんのおなかの中で羊水に包まれて育ってきました。
生まれた後も、体の60%は水分で出来ています。
子供はもっと水分量が多いです。
男性よりも女性の方が水分量が多いです。
水は生活の中でも欠かせない存在です。
 
今日は水が与える影響力についてご紹介します。
 
水には水の妖精と呼ばれる「結晶」が存在します。
水に声をかけたり、音楽を聴かせたり、文字や写真を見せたりすると、呼応するように独特の結晶が現れます。
 
それは、波動を水が読み取るのだと考えられており、
たとえばテーブルやリンゴや犬や人体もすべて振動していて固有の周波数を発し独特の波動を持っているのだそうです。
波動は形あるものだけでなく、口から発した言葉や書かれた文字、音楽も波動を持っているそうです。
 
波動と結晶がどう関係するのか実験をした人がいました。
それは「ありがとう」と「ばかやろう」という文字を書いた紙を瓶に貼りつけて水に見せてみました。
「ありがとう」という言葉を見せた水は、綺麗に整った形の結晶をつくり、
「ばかやろう」という言葉を見せた水は、結晶がバラバラに砕け散っていたそうです。
 
今度は、ご飯を瓶にいれて「ありがとう」と「ばかやろう」の言葉を1ヶ月毎日声かけ続けてみました。
すると「ありがとう」の言葉をかけたご飯は、発酵した状態で麹のような芳醇な香りがしたそうです。
一方、「ばかやろう」という言葉をかけたご飯は、腐敗して真っ黒になってしまったそうです。
 
さまざまな実験結果から、「愛と感謝」の言葉をかけたり見せたりすると、まるで水が喜びふるえたかのように綺麗で美しい華やかな結晶になったことがわかりました。
 
日常に無意識に使っている言葉のクセに意識をむけて、旦那さんや家族、お腹の中の赤ちゃん、さらには植物や生物、水、食べ物など万物の全てに、そして自分に対しても、
 「ありがとう」「おかげさまで」「面白い」「素晴らしい」「ワクワクする」「ドキドキする」「ときめく」「嬉しい」「幸せ」「大好き」「愛してる」「大丈夫」「ついてる」「美味しくなれ」「元気になれ」など
 
話しかけたり心をこめてみてください。
毎晩寝る前に、今日の出来たこと、良かったことなど自分を褒める言葉を書き出すのも◎
 
言霊とあるように、言葉には不思議なエネルギーがあります。
五感にも、見る・聴く・におう・味わう・言葉・触る、などに全身で感じるアンテナがあります。
 
慣れないうちは、つい「どうせ」「だって」「でも」「だめだめだ」「無理です」などネガティブになってしまっても大丈夫!
すぐに「と思ったけれど、頑張る」など撤回修正するプラスの言葉をつなげれば良いのです。
人との会話でも少しずつネガティブ用語を「面白い」や「楽しい」など変換するのも日々の努力が報われ好循環します。
 
嬉しいことに、ほほえみ鍼灸院に通われる多くの方は、体づくりだけでなく心づくりも意識するようになり、30代〜40代にかけて多く妊娠されております。
 
ぜひ、お試しください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索