ブログほほえみ通信

不妊と運動の関係

ほほえみ鍼灸院では初診の時に「運動されていますか」とお尋ねします。


なぜ聞くかといえば、妊娠するためにはある程度の運動は必要だからです。

運動のためにプールで泳いでいますとか、
土日に走っていますという方、
ジムで運動している方など様々で、
運動はした方が良いとは分かっているようなのですが、反対にやめておいた方が良い場合もあります。

 

まずプールですがやはり冷えてしまいますので、やめましょう。
走るのもやりすぎると、ホルモンバランスが崩れます。


お金をかけないでまた妊娠しやすい体つくりをするには、過激な運動より毎日、20分〜30分歩くことです。

一駅手前で降りて、5分ほど早歩き、また5分ほど普通の速度で歩くことを20分の間繰り返すだけで、細胞の中にあるミトコンドリアが増えていき、細胞が若返えります。
 
細胞が若返るという事は、当然卵子が良くなりますよね。
たったこれだけのことなのです。
運動しなくちゃと走ったり、ジムに通う必要はないのです。

 
無理な運動は反対にホルモンバランスを崩すことを、知ってくださいね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索