ブログほほえみ通信

「冷え」が体に与える影響

体を冷やすと血管が痙攣して縮みます。
つまり、血液の流れが悪くなり血管が細くなります。
血管が細くなると、酸素や栄養が末端まで届かなくなります。
 
また届かない末端の細胞が活動してできた二酸化炭素やいろいろな、老廃物が出ていきにくくなります。
良いものが入らず、悪いものがたまってしまうため、細胞の機能が落ちたり狂ったりしてしまうのです。

お肉などを食べた時、小腸では栄養素は吸収しますが、有害なものは吸収しないように分解されます。
冷えて機能が狂うと、体にとって悪いものまで体に入ってしまうのです。
 
老廃物の溜まった浮腫みのある体では、よい卵子は育たず、妊娠が難しくなるということももうお分かりいただけますよね。
冷え対策はこれまでにこちらのブログに詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.08.07 Monday
  • -
  • 09:47
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索