ブログほほえみ通信

夏の冷えは妊娠の大敵

妊活において、夏こそ冷え対策は大事です。


まだまだ患者さんの中には、夏になってレギンスを脱いで足元が冷えている状態の方がいます。

せっかく冬の間足湯をしたり、半身浴をしたりレギンスを履いて温めていたのに、足首を出して7分丈のズボンの下は何も履いていないのです。
その上短めのソックスだけ。
 
この格好でエアコンの効いた部屋にいようものなら、体だけでなく子宮も完全に冷えてしまいます。

ほほえみ鍼灸院で不妊治療をされ、40歳と43歳でお子さんが授かった方は、ズボン下を夏でも履いいていました。
そしてエアコンの効いた部屋では、お腹と仙骨に小さめのカイロを貼っていました。
汗をかいてもカイロを貼っている部分は冷えません。
それだけ体が冷えているということです。
 
下半身は暑いくらいの方が、妊娠しやすいことを覚えていてください。
夏こそ冷えに気を付けなければなりません。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索