ブログほほえみ通信

夫婦でよく話し合って不妊治療を乗り越えましょう

出産年齢が高齢化にともなって、不妊症で悩まれる方が増え続けています。
不妊症のカップルは六組に一組といわれています。
そして不妊の原因は男女半々あります。

http://hohoemi-baby.net/type/07/index.html

 

女性の場合は、卵巣の中で卵子が育たなかったり、育っても排卵しなかったり、卵管が詰まっていたり、炎症を起こして癒着があったり、受精しても受精卵が子宮まで到達できなかったり、排卵がきちんとあって受精しても着床できない着床障害などが挙げられます。
 
男性の場合は、精子が少ない、欠精子症、精子の運動率が悪い、精子無力症、奇形の多い、精子奇形症、などがありED勃起障害、射精障害も不妊の原因になります。
現在は特に男性の障害に効くSOサポート㈼などの薬も出ていますので、夫婦で良く話し合って早めに受診しましょう。

 

女性の場合は患者さんを診ていると、冷えが不妊の原因となっている方が多いです。
私たちがブログで紹介しているケアを鍼灸治療と共にやっていただくと、冷えは大幅に改善されそして妊娠されています。

(参考)

自宅でできるセルフケア
食事で妊娠しやすい体づくり

ひどい症状の場合は手術も必要ではありますが、手術後も下半身の温め、食べ物の改善、生活習慣を行っていただくことで、妊娠に近づくことができていますので、早めに動きましょうね。
 
AMHが0.1と年齢が若くても卵子の数の少ない方もおられます。
しっかり受診して、ご自分のからだのことをしっかりと理解し、ご夫婦でしっかり話し合って妊娠に向けて必要な対策を行いましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索