ブログほほえみ通信

卵巣機能低下症

まだ20代や30代と若いのに、ほてり、のぼせ、イライラや手足の冷えなどはありませんか?

このように若いのに更年期障害のような症状がみられるのが、「卵巣機能低下症」です。
「卵巣機能低下症」は卵巣機能は正常なのに脳からの指令が届かずに働きが低下している場合と、卵巣そのものが低下している場合があります。
 
卵巣機能低下で女性ホルモンが不足した状態が続くと、骨量の減少や膣の乾燥などの症状が表れます。
過度なストレスや過激なダイエット、不規則な生活、体の冷えなどが原因としてあげられます。

 
夜は遅くとも11時から12時くらいまでには休み、動物性タンパク多めの食事をとり、ストレスを上手に解消しましょう。

仕事を抱えながら赤ちゃんを望む方の多くが仕事のストレスを感じています。
ましてや40代で忙しい仕事をされている方は、ますます妊娠が遠のく可能性が高くなります。
赤ちゃんを授かるために、働き方を変えたり仕事を変えたりすることも必要かもしれません。

 

本当に今何をすべきかはご本人が分かっていると思われます。
卵巣を低下させない生活習慣、ストレス解消法を見直しましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索