ブログほほえみ通信

眼の疲れと妊活

働いている方や旦那さんの帰宅を待ってから寝る方は就寝時間が遅くなりがちです。
夜更かし朝寝坊、あるいは寝不足の状態が続くと、妊活の大きな妨げになります。
 
たとえば、
 
・眠りたい時に眠れず、眠ってはいけない時に眠くなる
・食欲がなくなる
・やる気がなくなる
・元気がなくなる
・セロトニン(脳内伝達物質)が乱れ、精神不安定を起こしやすくなる
・慢性的な時差ボケ状態になり、活動的でなくなる
・自律神経が乱れやすくなる
 
本来、体温は朝が一番低く、午後から夕方にかけて高くなる習性があります。
最低体温の後に目が覚めて、最高体温に達した後に眠りにつくのも、手足の血管が開いて熱の放散が始められているためです。
子どもの手足がぽかぽか温かいと眠たいと判断するのもそういうことです。
ですから、海外旅行時の時差ボケや夜間勤務などは、特に日内サイクルを意識して過ごすことが大切です。
 
たとえば
 
・朝陽を浴びる
・夜は光量を落とす
・日中のリズミカルな筋肉運動
・しっかりものを噛むこと
・深い呼吸を心掛ける
・食事の時間、寝起きの時間を一定に決める
 
など。
 
とくに眼と子宮は同じ経路に属しており、目を疲れさせると子宮にも影響します。


眼は脳の出店とも言われ、眼が疲れると脳の働きも低下します。
たとえばパソコン業務・携帯スマホの見過ぎ・DVD鑑賞・テレビ鑑賞・読書・編み物・縫い物・ブルーライト系を浴びるなど
根詰め過ぎると、昼夜が狂い、睡眠やホルモンに大きく影響を与えます。

 

子宮にパワーを蓄えるためにも、眼の使い過ぎに気を付けて、体を労わることも大切です。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索