ブログほほえみ通信

冷えが不妊症をつくる

冷えとりをしっかりしている方と、自分の「冷え」にまったく気が付かず、冷たいものを飲んだり素足にサンダルや足首を出している服装をしていたり、冬でも湯船に浸からずシャワーで済ませたりしている方は、不妊症になりやすいです。
 
私たちは毎日そういう患者さんに会い、体を冷やすことがいかに悪いことかを話し、生活習慣を変えてもらって、妊娠しやすいように体つくりをしていきます。
そうしてしっかり体づくりをされた方は、43歳でも自然妊娠される方もいます。

 

妊娠では36歳以上は高年齢になります。
またAMHが低い方は自然妊娠は難しいので体外受精に行っていただきますが、ある程度の時間をとり体をつくっていかないと、まず妊娠は難しくなります。

 

「体外受精をすればすぐに授かる」と思っておられる方もとても多いのですが、体外受精の成功率は30代後半では15%前後、40歳では10%以下、43歳で2.3%と発表されています。つまり体外受精で妊娠できる方は30代前半で5人に1人、30代後半で6〜7人に1人、40歳では10人に1人と言うことになります。
http://hohoemi-baby.net/type/02/index.html

“自分だけは例外”と思わず、赤ちゃんを授かるためにはしっかり冷えを取ることが大事なのです。
 
体外受精はお金も時間もかかり、また体外受精をしたからといって100%ではありません。
10回以上体外受精を経験したという方もかなりの確率でいます。
マンションの頭金に貯めていたお金を全部使ったという方もいました。
しっかり鍼灸治療をして、ご自分でも生活習慣を変え、12回目の体外受精で奇跡的に妊娠された方もいます。

 

簡単に体外受精で妊娠できると思っている方は、今からでも考えを変えていただきたいのです。
自分でできることもたくさんあります。


ぜひ、このブログを最初から読んで、体つくりの大切さをしっかり認識していただけたらと思います。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索