ブログほほえみ通信

バスタイムの前後の冷えない工夫

寒い夜はお風呂であたたまると体も心もほぐれますね。
バスタイムからベッドに入るまでの時間をどう過ごすかで、寝つきや、翌朝の冷え具合が変わります。

まず、あたたかさを保つためには、お風呂に入る前から室温を上げ、冷えない工夫をしましょう。
バスタブには38度〜39度くらいのお湯を胸の下まではり、15分〜20分つかります。肩が冷えないように、タオルをかけて冷えからガードすると効果的です。
そして、お風呂あがりには、からだのあたたかさを、キープできるような格好で、副交感神経が優位になるようにリラックスします。
この状態でベッドに入れば、布団とからだのあいだにあたたかい空気の層が出来るため、朝までポカポカで過ごすことができます。

ポイントは、ぬくもりが消えないうちにベットに入ること。
バスタイムのあとのマッサージ、ツボ押しからスリープタイムまではできるだけ短く。からだにぬくもりがのこっているうちにベッドに入りましょう。

寝る直前にアロマランプで香りを漂わせると、副交感神経が優位になり、リラックス。からだがあたたまって、眠りが深くなります。

パジャマを着るときには、腹巻をつけて。
足の冷えるひとは、5本指ソックスかカバーソックスをはいてください。
レッグウオーマーを使いふくらはぎをあたためることで、筋肉と血液の循環をよくすると下半身冷えによく効きます。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
 
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索