ブログほほえみ通信

[妊活] 体を温める食材

春から夏へ気温が上がっていく季節になりました。
妊娠しやすい体質にするには体を温めることが大切です。
今回は、体を温める食材についてまとめてみました。
 
<体を温める食材>
●寒い地域で生産された食材
寒い地域では体を温める食材を育てて食べることで、体温を保つ工夫がされています。
たとえば、小松菜、春菊、大根、白菜、ニラ、ネギ、やまいも、ごぼうなど
 
●色の黒っぽい食材や色の濃い食材
体を温める食材の目安に食材の色も関係するそうです。
たとえば、黒ゴマ、玄米、ひじき、黒豆など
 
●地下に出来る食材
食材自身が熱を持っているので、太陽の熱から逃れようと地下へ地下へ伸びてきたため、体を温める作用があります。
たとえば、根菜類やいも類のようなもの
 
●水分が少なくて、かたい食材
食材が収穫される季節も関係があるそうです。
たとえば、根菜類やいも類のようなもの
 
ただしドライフルーツは冬に備えて作ったものなので体を冷やす心配はあまりありません。
甘いものを食べたい時は、黒砂糖、はちみつなど自然から作られたものが良いでしょう。
 
 
<体を冷やす食材>
・暑い地域でとれる食材や夏が旬な食材
・地上に伸びていく食材
・色がうすい食材
・水分が多い食材
 
などは体を冷やす作用があります。
たとえば、トマト、キュウリ、バナナ、スイカなど
 
【対応策】
・体を冷やす果物や食材は、暑い夏以外は極力控えた方が良いでしょう。
・白砂糖など人工甘味料も体を冷やすとされています。
・白菜、大根、なす、レタスなど水分が多い食材やどれが温める食材か分からない場合は、煮たり炒めたり焼いたりして、温めて冷めないうちに食べれば問題はありません。
・ネギ、しょうが、にんにく、ワサビなどの薬味や胡椒、唐辛子などの調味料・スパイス類などを加えたりするのも◎。
・トロリとしたあんかけも料理が冷めにくく、体を温めるのに役立ちます。
 
アルコールはビールは体を冷やすため、ホットワイン(赤ワイン)や熱燗などが良いでしょう。1〜2杯などであれば血行がよくなり健康にも効果的です
 
ご存知のことばかりと思いましたが、これから薄着になり体が冷えやすくなります。
今回は、先取りで『食材』に着目してみました。参考になさってください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • 11:18
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索