ブログほほえみ通信

「高プロラクチン血症」の対応策

先日、患者さんから妊活における「高プロラクチン血症」の対応策について相談を受けました。
他にもお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんので、「高プロラクチン血症」についてまとめてみました。
 
プロラクチン(PRL)とは、卵胞刺激ホルモン(FSH)と同じく脳下垂体から分泌されるホルモンのことです。
主に妊娠中や出産後の授乳期間に排卵を抑制し、妊娠しにくくなるような働きをします。
ですから妊娠や授乳期間以外でプロラクチンが高くなる場合、月経がこない、排卵がしにくい、乳汁が分泌される、黄体機能不全による月経不順、着床がしにくい、流産の原因になりやすい、イライラしやすい、にきびができやすい、などの症状が現れます。
 
原因としては、
 
○ピルの長期間服用
○胃潰瘍やうつ病の薬を長期間服用
○脳下垂体の腫瘍によるもの
○ストレスによる自律神経の乱れ
○甲状腺機能低下症
○多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
○乳製品の長期摂取
 
など様々あります。
 
妊娠・授乳期以外のプロラクチン血中濃度の正常値は15ng/ml以下です。
クリニックによって判断は異なりますが、正常値より高くても排卵をしていれば様子をみたり、
上記による高プロラクチン血症を引き起こしやすい薬を服用している場合は、使用の有無を検討されたり、
倦怠感や強いむくみがある場合は、甲状腺機能低下症の検討を行う場合もあるようです。
 
不妊治療中の場合、テルロンやカバサールといった内服薬を処方されることが多く、プロラクチンに対して抑制作用があるドーパミンの働きを助ける作用があるそうです。
まれに、吐き気や嘔吐、めまい、頭痛、便秘、胃腸障害、不眠症などの副作用もあるみたいですが、飲むのを止めると元の高い値に戻りやすいため、
体調が優れない場合は、早めに主治医に相談し判断を仰ぐのが良いでしょう。
 
自分で出来る対応策としては、
 
○規則正しい生活(寝起き時間を一定にする、食事時間を一定にするなど自律神経を整える)
○バランスの良い食事
○過度なストレスは避ける(ストレスの解消を心掛ける)
○働き過ぎないようにする
○過度な運動を避ける
○睡眠を見直す(就寝時間、起床時間、寝つき状態、眠りの浅深さ、夜中に目覚める、睡眠時間など)
○下半身を温めて血流を促し、生殖機能を上げる
○乳製品を少なくする
 
などです。

とくにプロラクチンは夜間やストレスによって上がりやすいです。
どうぞ、参考になさってみてください。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.04.25 Tuesday
  • -
  • 09:47
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索