ブログほほえみ通信

鉄不足が妊娠を遅らせる

鉄分が不足すると、妊娠を遅らせます。

 

なぜ鉄不足が妊娠に関係あるのかとというと、鉄は代謝を助けて子宮内膜をフカフカにしてくれるからです。

 

鉄不足になると貧血を起こすことはご存知だと思われます。
血液検査でヘモグロビンが血液中に基準範囲内だと鉄不足とはいわれませんが、月経で毎月一定量の鉄を消耗してしまう女性は男性以上に鉄が必要になります。

 

鉄は赤血球をつくったり、体内に酸素を運ぶ役割を果たしたり、また皮膚の合成にも鉄は使われます。

フェリチンというのは「貯蔵鉄」といって、からだに貯蔵している鉄です。
妊娠したら普段以上に鉄が必要になることを考えると、鉄不足を改善する必要があります。
 
髪の毛がよく抜けるとか、あざができやすい、朝起きずらい、ニキビができやすい、めまい、頭痛、手足の冷えなどの症状があれば鉄欠乏が原因といわれています。
妊娠前から鉄欠乏を改善しときましょう。
 
多く含まれる食べ物は
アサリ、豚レバー、鶏レバー、牛レバー、カツオなどです。

これらの食材を献立に積極的にとりいれましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索